夢は劇場とかでみる

好きなものについて好きに話すブログ

BANANA FISHに出会ってしまった話。

どうもこんばんは、お久しぶりです。
前回の記事へのスターありがとうございます。
誰に認めてもらうわけでも許しを請うわけでもない趣味ですが、ある種の決意表明的な感覚だったので肯定してもらえる感覚は素直に気持ちが楽になりました。
この辺りはネット上でこれ以上掘り下げるつもりはないので、これでおしまいです。
最近は星屑の再演が始まりましたね!って書いてあったけどこれどうやらかなり前に書きかけてる記事だったみたいっす!もはや最後の地方だよ!いまは名古屋に向かうバスの中で書いてます🙆‍♀️

新作発表でワンオク流れてきて死んじゃうかと思いましたし、ワンオク踊る本田さんかっこよすぎてたぶん死にました。今の私は魂だけの存在です。
現場はがっと減らしてますし、今後もゆるオタしよ~って思ってます!12月は何回か行けたらいいなぁ。

さて、ここと連携させていたツイッターのアカウント(なお今はアカウント消してます)の様子からお察しの方も多かったと思いますが、今すっかりBANANA FISHのオタクしてます。

久しぶりの2次元めちゃめちゃ楽しい

ていうか一般常識を大幅に超えるペースで現場通いしてる多ステのオタクってある日突然2次元のオタクになる人めっちゃ多い。知り合いだけでもめっちゃ多い。なんなんだろうあれ。

元々ふぉろわ~さんが激烈勧めてくれてとりあえずアニメ見っか~って軽いノリで録画してた2話分見た時点で「あっこれは、だめだ」って直感してたんですけどね。

2次元にはまるのが久しぶりだったのと3次元上がる瀬戸際となんかいろいろガチャガチャしてて初動(?)が遅れたのは悔やまれます・・・・KANASI~

私をBFに引きずりこんだふぉろわ~さんのらに~なさんのはてブロリンク勝手に貼ります。元々彼女の書く文章が好きだったんですが、その彼女がここまで推してくる作品か~と興味をひかれたのがきっかけなので、彼女には感謝してもしきれません。本当にありがとうございます。
http://qvq.hateblo.jp/entry/bf




さて今回はそんなドはまりしてるBANANA FISHの話を私が満足するまでひたすらしていくエントリです。

どれくらいの長さになるのかさっぱりわかんね~~~~~暇すぎて死にそうな人向けだよ~~~~~

まずはアニメからかな〜〜〜
おまえ、原作先じゃね~~~~のかよって感じだと思うんですけど、私がはまった順番に追っかけさせてください!
制作会社とか監督とかなんかそういう細かい話はたぶん私よりもネットの記事とかのがわかりやすそうだからあんま細かく書きません・・・・あんま詳しくないし・・・・

私がこのアニメでとにかく推したいのは
作画・・・・・・・・・・

※最近はちょっとはブレがあります

アニメに関しては重度の作画厨で、

ストーリーが反吐が出るほど嫌いでめちゃめちゃ脚本をdisった作品でも作画がいいという理由のみで2クール走り切ったことがありますし、

場合によっては好きなアニメ聞かれてストーリー二の次で作画のいい作品を上げるレベルで作画のいいアニメが好きです。ストーリーよくても作画悪いとあんまり記憶に残らなかったりするレベル・・・・・(もちろんストーリーがめちゃめちゃよくて好きな作品もありますよ!)

で、そんな作画厨の私が手放しに大絶賛したいのがアニメ1話・・・・・
いや他の回も作画YABE~~~~のあるんですけど、まずは1話・・・・

(そういや監督とかキャストとかのインタが載ってる雑誌類も買ってはいるんですがまだ読み切れてないので裏話的なところは追って確認します。今のところは私がひたすら自分の好きなところを話続けます)

1話ってさすがにどの作品もかなり作画いい状態で見られるので、作品のピークの作画見るのにはやっぱ1話だな~って思ってるんですよね。

で、1話時点でどういう話かも一切知らない状態で見始めたんですよ。ハードボイルドって情報位しかなかった。

私的ジャンル分けだと、「ブラックラグーン」とか「血界戦線」と同じジャンルに収まってます本作。この2作よりかは原作が少女漫画ってこともありキャラクターたちの心情描写に寄り添ってますが・・・その辺はこの後おいおい。

世界観として、「生き物のように蠢く大都市の片隅で生きていくアウトローな人たち」を描いている感じが、あ~これ私好きなやつだ~ってなりました。
セリフ回しも絶妙に洋画を見ているような言葉選びで、スラングやらエッジの効いた嫌味やら、すごいツボでした。
個人的にアニメ1話時点で好きだったのが、アッシュとゴルツィネの会話と、アッシュとショーターの会話。なんかあそこの洋画吹替感なんなんですかね。アメリカンジョーク的なテンポの会話が大好きなのでみててめちゃめちゃわくわくしました。

2話分まとめてみたんですが、この時点で原作が少女漫画って知らなかったので(アニメのクレジットでflower・・・って少女漫画誌だよな・・・・?と思ってはいたものの、深く考えてなかった)、

やたらと多いアッシュへのセクハラ発言や
ゴルツィネがアッシュに触れる際のなんとも言えないいやらしさをはらんだ手つき、
2話のご褒美シーンなどを見ては目を白黒させていました。

で、作画の話にやっとこ戻りますが、1話初見でこれやべえ~~~~~~~~って通しで見る前に巻き戻したのが、乱闘シーン。

狭い所へごちゃごちゃと・・・・入ってきやがって!

のところですね。

なんだあのモーション。どうなってんだ最高かよ。最高だよ。
マジであそこの作画だけでご飯食べられます。マジの白米。やってみたけどお米の甘さが引き立ってた

なんなんだあれ。あのシーン見た瞬間にその後の放送の視聴を決めました。

1話含め好きな作画シーン語っていきたいんですが、めちゃめちゃ長くなるし、作画を文章で説明するとか超野暮なので、とりあえず円盤出たらねもとの講釈(ガヤともいう)付きの上映会するから気になる人は全員集合な。

文庫版で本編11巻、コミックス版で19巻分を2クールで走りるようなので、ストーリーの進行もめちゃめちゃサクサクしてます。変に間延びしなくて作品そのものの持つ疾走感と合わせてうまいな~と思います。

やっぱりカットされてるシーンやアニメ用に変更されている箇所はあるため、そのあたりは賛否両論出たりもしているようですが、私が確認している範囲だと、いずれも「原作」と「アニメ」をそれぞれ愛しているゆえの葛藤の方が多いようなので、愛された作品だなあと思ってみてます。原作が30年以上前に完結を迎えていることから、それだけの間、「大好きな作品」として大切に愛されてきた方たちはまあそりゃ新しい展開には身構えますよね・・・

私は最終的に原作まで読んでBANANA FISHなしで生きてきた今までの人生をちょっと考えなおすレベルですが、とにもかくにも出会うことが出来てよかったなあっていう感情と、原作まで読んだうえで、アニメはうまく構成されてるなあと思ってます。

ちなみに私個人としてはアニメは金のかかった二次創作だと思ってるので演出で解釈違いが起きても、アニメスタッフくんの解釈はそうなんだね!ってなってます!平和〜!

話数から逆算してまぁ予想はついてましたが、15話までみた感想としては「う~んテンポよくしんどい」
めっちゃ軽いノリで言ってますが軽くないです。ブラックホールの重力より重いです。(抜け出せない)


作画と言えばアニメOPの作画も頭おかしくないですか?(大絶賛)
オーサーとの戦闘シーン、初見時点では「カメラワークくっそかっけえ!!!!!」ってなったんですけど、2周目で、「‥‥‥‥いやいや待ってってこれアニメだよ実写じゃねえカメラじゃねえよ!!!」しました。ちょ~~~~~~かっけえ!!!!!

14話から新オープニングも出ましたが個人的には初期オープニングの方が映像としては好きだけど、新オープニングは内海ちゃんがまじ容赦なくエモぶっ叩いてくるから先週も今週もオープニング見て泣いた。
期間限定だけどノンクレジットで配信してくれてるからリンク貼っとくな。

ブルエンだよブルエン!!!!本当内海監督作品は曲がオタクのツボ分かってるよな!!!!!愛しちゃう!!!!!
最終回オープニングみながらゲロ吐くほど泣く羽目になりそう!!!!!!
エンディングに至ってはライ麦畑でつかまえて読んでない私ですらこりゃやべえしてるので、アニメ終わったらアニメサブタイになってる作品とあわせて読もうかなぁとおもってます…

アニメ、原作シーンのカットとか時代設定変更に伴う変更程度はあったけどアニオリ今まで入れてきてなかったから…オーサーとアッシュの…過去は…やられたよね…
あそこ原作でも何があったのか描かれてなかったから新規としてはもんもんとしてたんだけど、アニオリ…………………これもアニメスタッフくんの解釈のひとつって認識だけど一応可能性のひとつとして公式サイドから提示されたものとしては…えぐられるーーーーーー

オーサーとアッシュについてはツイッターでめちゃめちゃ話し切ったので今更書かんけど(めんどい)相互に向かう感情の他に、取り巻く環境とか、本人の意志に関係ない条件含めて煮詰まってく関係がどエモ…

「だけどそれは俺のせいじゃない」
「そうだ」

のやりとり、ほんっとにさぁ…あきみ御大の頭ん中どうなってんの…って頭抱えちゃうよ…


あとさぁ、内田くんが一生天才

深夜トレンドに上がるにまで話題になったキャンディバー…(そこからなん?)(だってちょうどホットだったから)


まぁキャンディバーは置いとくとしても、舞台芝居もなんですけど、私がとにかく、悲しい、辛い、くるしいと言った感情の幅と厚みがある人が大好きなんですよ…
元々顔のいい男がそれはそれは理不尽な目にあって地べたに這い蹲って咆哮するような景色を何より美しいと感じる感性なのでBF楽しくないわけがないんですけど、内田くん本当に…天才…
12,13話あたりは演じ分けがまじで化物だよ…声優さんの演じ分けに意識持ってかれたの初めて…ボスの顔、クリス、17歳…内田くん、いやまじほんと天才では…

最近の声優さん知らなくて平田さんとか、お久しぶり〜〜〜!今回もかわいいおっさんやってるね!!!🐯って感じなんですけど
福潤とかはいつぶり!?アニメ1番見てた時期の人だからいつの間にかベテラン括りでびっくりした…代表作って言われると真っ先にギアス出てくる世代です。

8年前くらいがアニメ見てたピークだからそれ以降の声優さんあんまわかんないんだけど、内田くん、多分もうしばらく名前忘れない…すごい…あだ名、たそなのかわいいな〜でも新規だから内田くんって呼んじゃう。
声優現場怖いし現場行くまでが沼だから推しません!!!(自戒)
でもとりあえず内田くん受けのおすすめのBLCD知ってる人いたらコメントからお願いします…誰からも受けられるようにしとくんで…

そろそろ原作の話もしようかと思ったんだけど


普通に


私が語ることなど


なにも


ない


(本末転倒〜)

いや、私のこのオタク語彙で語れることマジでなんもねぇよ汚れるわあの美しい物語が

とりあえず誕生日の前の日の夜にお台場にあるノイタミナカフェ行って、帰りに原作文庫揃えて、誕生日当日の明け方にかけて徹夜で読破したんですけど、26になる女が、朝4時半。

声を上げて泣きました。

あの感情はまだここに吐き出して消化するのにはもったいないからもうちょっと抱えておきます。

あんなに泣いたの、氷帝大楽ぶりだよまじで。

ちなみに、本編に加えてAnother storyが用意されてるのでそちらも必ず読んでください。私は軽い気持ちで自分の誕生日会に向かう道中、電車内で読んでしまいお盆後半の賑やかな埼京線の中で泣く羽目になりました。ご注意。

本当ははてブロに吐き出して終わりにするつもりだったんですけど気づけばイラスト書いたり漫画書いたり小説書いたりし始めちゃって、

その為にデスクトップパソコンとペンタブ買っちゃったりして、

人生初同人誌を出すことにしてオンリーイベントにサークル参加することになっちゃったりして、

なんか、

人生何が起きるかまじでわかんねーわ

二次創作アカウントについては今のところここと繋げる気は無いです。俳優アカウント消した意味無くなるし…
ぶっちゃけ、若俳オタクのみんななら余裕で見つけられると思うけど、隠してる訳でもないんで見つけたらフォローとかはご自由にどうぞ〜でも基本的にマジで一生BFの話してます!!!!最高〜!!!!!

なんかしらコンタクト取ってくれれば教えることもできます。ここにべーん!ってつなげる気は今んとこないよ!ってだけ〜!
ツイッターからこっちには繋げるし。

はてさて久しぶりの更新でなんかしっちゃかめっちゃかなブログになっちゃったけどまぁまぁそんな感じでよろしくお願いします!

来週はボックス発売だよーー!!!!!エーステも減らしてるので原稿したりお絵描きしたりボックスみたりします!!!!

オタクまじで楽しい〜〜〜〜!!!!

最後に最近の写真何枚か貼っときますね。
まじで楽しそうじゃろ?





それでは皆様も良い推し事を!!!!!!

業務連絡

どうもご無沙汰しておりますねもとです。
別にわざわざ書くことでも無いかなぁとも思ったんですが、ブログを楽しみにして下さってる方もいてくださったようなので読者登録されてる方向けへの更新です。

最近私生活の方で色々あり、俳優さんのオタクを今までのようにやるのを辞めようと思ってます。
舞台を見るのは好きですし、本田さんのお芝居もパフォーマンスも大好きです。
ただ、私の人生の方の問題でそのへんのペースを見直そうかなぁと…私の生活水準ではこのペースで走り続けるのは無理でした…ちょっと悲しい。(※借金がやばいとかそういうやつではないです)
メインでがっと減らすのは本田さんの現場になります。今までが通いすぎだったので…笑
好きな役者さんとして、尊敬する気持ちは変わりませんが、今まで私なりに全力で応援してきた私のために、これからの応援スタンスで「推し」と呼ぶことが躊躇われます。
私は私の都合で本田さんを推してたし、私の都合で推すのをやめます。わがままなオタクだなぁ。
好きな気持ちもありますし、現場にはちょこちょこいると思います。でもそれでも、今までの私のために「本田さんのオタク」としては一旦おやすみです。
プロフ変えたり一部記事を下げたりしました。
重ねて申し上げますが、嫌いになった訳ではないですし、公演も見に行きます。感想も多分普通にここに投げてると思います。
今までは本田さんのオタクとしての更新でしたが、これからはただのゆるーい観劇趣味の女のブログになります。
その路線変更(?)だけお伝えに上がった次第です。

一応のケジメ程度でこんな感じでお願いします!☺️

記事はすべてカテゴリをはずしました。
今後は他の色んな舞台行ったり二次元の話とかもガンガン更新してこうかな〜って思ってるんでよろしくお願いしま〜す!

追伸:記事下げちゃったやつで見たいやつとか残しといてほしいやつとかあればお題箱とかコメントから連絡くださ〜い

ここんところのいろんな話

どうも〜現場がないんでまったり色んなエンタメかじって楽しく生きてるねもとでーす✌️

舞台見に行ったりアニメハマったりマンガハマったり色々してるんで、最近の諸々を作品ごとに振り返ろうと思う。


・A3!
媒体:アプリゲーム(→エーステ)
推し:摂津万里
エーステは別記事にしてるんで割愛。
舞台化前からプレイしてはいたけど秋組2回公演以降ほぼ触ってなくて、舞台化きっかけで再開。
キャラデザの富士原先生の絵が昔から好きだったのでとても目の保養!
課金は無理のない課金。万里ちゃん以外あんまり育ててない🤦‍♀️
プライドの高いつり目の美人が性癖なので(伏線)万里ちゃん超かわいい。
ストーリーと富士原先生の書き下ろしイラストを楽しみにまったりプレイ中。
今は1部のストーリー読み返したいんだけど時間が無い、そんな感じ。



スタミュ
媒体:スタミュミュ→アニメ
推し?:辰己琉唯
こないだ2期まで全部見ました!青春眩しいね…
腐女子なのでセンサーが反応するとすぐ画面に向かってハート作っちゃいます😂
ダンスシーンの作画がエグくて作画厨歓喜🌟
ドラマCDとかものんびり履修していきたい所存。
3期リアタイ楽しみだなぁ〜!
そういやスタミュミュの感想書いてなかったな〜
このままだと書きはぐりそうなので今のうちに書いときます。

~以下スタミュミュ感想~
身内が続々とハマっていったスタミュミュ…
私がTLで「ゅ」とか「ュの女達」とか言ってたら大体スタミュとかスタミュに落ちていった身内の女達を指してますが、なんでこんな略称になったのかはよく分かってません。ゅのにわかです。
上映会とかを身内で開いたりしてたので1作目も見てますし、あー面白い、好きだわ!ってなってたんですけどやっぱり生で見ると全然違いますね…
カリグルも2ndの公演前に生放送してるの見てたりしました。
生でみるカリグル最高〜〜〜すぎて最高〜〜〜〜でした…
櫻井くんのダンスパフォーマンスと、喰えない美人っぷりと、ご本人のぶっ飛びっぷり、すごい、味がある。好きです。
スターオブスター、チーム柊のリーダーとしては柔らかいお姫様みたいなビジュアルなのに、腹の底に抱えてる勝気さとか、芯の強さとか、演技の中ですごい刺さってきて、この人のお芝居好きだなぁって思いました。
ダンス中の視線、めっちゃ最高じゃないですか!?うわ〜この人、こんな王子様(姫なのか王子なのか)みたいなビジュアルなのにめっちゃ気強い!最高!ってぞくぞくしました…
冒頭で推し?は辰己琉唯って書きましたけど、これは完全に櫻井くんの辰己琉唯ありきです。あーえっと、櫻井くんの辰己琉唯が好き、なんじゃなくて、櫻井くんの辰己琉唯を見て、辰己琉唯ってキャラクターが好きになったというか…舞台上から得る情報量って、ものすごくて、アニメで得たイメージを櫻井くんの辰己琉唯がすごく綺麗に補完してくれたっていうか…?
どのキャラクターも同じようなことはもちろん言えるんですけど、諸々含めてキャラクターとして辰己琉唯が好きだなぁって思った次第です。
ごめんすごい辰己琉唯について語ってるけどめちゃくちゃ推してるとかそういう訳では無いっす…好きなキャラクターは?って聞かれたら辰己琉唯ってかんじっす…ガチ勢に怒られそうなんで…すみません…
身内でわいのわいのするのにジエレの女やったり辰己琉唯のリアコごっこしたりしてます。楽しい!
2作目の感想としては、構成が一生アツいんだよなぁ!!!吉谷さん演出、やっぱり好きです〜!!!
曲も、それなりに原作履修したので、知ってる曲出てくるとハチャメチャテンション上がりましたね…ユメイロとか好きだしあれはずるいよ
あとまぁなんとなく、お察しの方もいらっしゃると思うんですけど、ヒロイズム………………………あかん…………だめなんだ、女のオタクはああいうのに弱いんだ…(断定)
高野くんの虎石、すげえ健康的だよねって話は常々してるんですけど、新里くんの空閑くん、いい感じに不健康で好きだなぁ!!!ダンスも歌も上手くて最高〜!しました!写真の段階だとめっちゃバブ!って思ってたけど生で見てもわりとバブだったけどありよりのあり。
あとランズベリーさん。(いつも身内でラーさんとかよんでるからこういう時なんて呼べばいいのかわかんないんだけど!?)(私信です)
まるでアニメのような声!!!(このネタ大好きマン)
なんかこう、声だけじゃなくてまじ本体がそのまま海斗くんだよね…あーーーーLimited sky生で聴きて〜!!!!!
スーパーのシーン好きすぎて辰己琉…櫻井圭登の日替わりシーン特典ディスクとかにならないん?って思ってるんですけどその辺どっすか?
ネギ持って色っぽい虎石とか、公演終わる度にTLで「虎石の持ってるネギになりたい」って叫んでるゅの女達とか愉快だったなぁ…私はハニトラの「…ちゅっ」で息を飲みすぎて多分二階席の酸素1/3くらい吸ってしまったことを深く反省します。ライブ会場で「好きだよ」「きゃー!!!」したすぎるからライブイベント何卒よろしくお願いします。
あと「至って自然な導入」からのジエレ………会場で見てた時は直前のシーンからオペラ覗きっぱなしだったんですけど、曲始まってしばらくしてから「…………なんでこいつらずっと手を繋いでんだ…………」と動揺しオペラ定点モンがオペラを下ろしました(?)
あとはやっぱり華桜会の卒業ですよねぇ…
会場で見た時は「あーこれ大楽絶対ヤバいやつ」って思いながら見てたんですけど、案の定大楽ライブビューイング、だばだば泣きました…
そういやライビュ、カメラワークがわりとまじに「おい!!!!」って感じだったんですけどあるシーンの下手ど端からのカメラワークで全てをゆるしてしまいました…ディレイ配信がその映像だったみたいなので収録もそれだといいなぁ
卒業については、描き方というか、見せ方というか、そういう所を原作をすごく上手く広げてきた印象。
舞台という、「役を演じることの終わり」があるコンテンツで描かれる卒業ってやっぱりすごく…なんて言うんだろう、重いっていうか、描かれるフィクションの中に重なる現実が、目の前のお芝居に、見てる私の意識に、質量を持たせてるような感覚が、あります。
うーん…うまく言葉にできない。
この辺は前から1回ちゃんと言葉として整理してみたいなぁって思ってるのでエーステ終わったら…星屑なので星屑終わって現場落ち着いてたらちゃんと検討してみよ〜って思ってます。ここに上げるかは未定。上げるにしてもこれまた年末になるフラグだなぁ笑
あとね、やっぱり杉江くん!!!!
すごいお芝居上手くなったよね…ごめん上から目線みたいになっちゃうかもなんですけど素直な感想。
私はメサイアのイメージの方が強くて、1作目の時になんとな〜く雰囲気で察した星谷の役柄が、「あー明るいハッピー系かもったいないな〜」って思ってたんですよね。いや、本当何様だよって思いますけどごめん!!!メサイアでの杉江くんのお芝居本当に好きなんですよ〜…ここ語り出すと長いのでばっさり割愛しますけど、「重い」とか「辛い」とか形容されるようなお芝居がす〜ごいいいなぁ!って思ってたので…でも1作目を映像で見た時もそうだったんですけど杉江くんの星谷、めちゃくちゃ良かった〜!!ちょいちょい杉江くんだな?ってタイミングあってわろたけどまぁそこは私は好きなんでわはは!しました笑
スタミュミュ、アドリブとかで中の人出がちでめっちゃ好き笑
なんだろ〜表情がすごくいいですよね杉江くん。お顔立ちがすごくはっきりしてるのもありますが、単に顔芸的な事じゃあ全然なくて、なんか、すごく目が離せない。釘付けってこういうことを言うんだろうなって感じで表情見入ってしまいます。今これ書きながら、役者ってすげえなぁってしみじみしました。
シャドライの舞台化はまだですかーーーーってしてたら新作決まったのでタイミングみて入りたいなぁって思ってます✌️
~ここまでスタミュミュの感想~
なげえ!!!!笑
まぁいいや自分用メモです笑
これは自宅のジエレゾーン

と辰己琉唯のリアコ芸人


ダンデビ
媒体:(デビミュ)→アニメ→ゲーム(プレイ中)
デビミュ初演見に行ったけどその時はアニメ、ゲームまで手を出さなくて、数年後、棗坂シキの女の布教により履修。
いまメィジルートの途中なのではよ履修を進めたい…時間が無い…
アニメのテンポだとヒロインがまじ言うこと聞かなすぎて兄(重度のシスコン)にさすがに同情した。
ゲームの方はちょいちょい乙女ゲーってこと忘れるくらい乙女ゲーっぽくないので私でも進められてます✌️
ウリエのどれかのルートがめっちゃ乙女ゲーで照れた(?)
キャラソンは一通り歌えるようになったのでダンデビカラオケ行きたいです。


銀河英雄伝説
媒体:コミカライズ(フジリュー版)
なんかの無料配信で読んでみたら面白くてその日のうちに電子書籍で全巻買った。
天才のカリスマが恐ろしい速度でのし上がってく話。しかも金髪釣り目の美人
スペースオペラだけど艦隊戦がメインになるし、ハイテクすぎてローテクの設定とかすげえワクワクする。知略戦略と、人間ドラマが見どころだと思う。ガン〇ムのモビルスーツとかマクロ〇のバルキリーとかギアスのKMFの人型戦闘機は出てこない。ロリババアも出てこない。
あとふじりゅー作画のラインハルト様が本当にめっちゃ美しくて最高。新刊まだかな。
舞台版はコミカライズ読み切ってから「あっそういえばやるんだっけ!」ってなったのでタイミング見て行くつもりです。せ〜ちゃん、六角元旦以来見てなかったから「ラインハルト様かぁ…」っていまいちピンと来てなかったんですけど、野球みたらめっちゃお芝居上手くなってて、「ラインハルト様かぁ☺️☺️」ってなってます✌️楽しみ〜!!!



・はじめて恋をした日に読む話
媒体:マンガ
http://cookie.shueisha.co.jp/story/68.html
1話試し読みできるそうです。
至って普通の少女漫画です。
作画厨的には少女漫画誌で連載してるとは思えない背景作画の気合の入りようがアツい。
1話そうでもないけど…
あとちゃんと登場人物たちがナウいオシャレで見てて楽しい。
ヒロインが31歳、ヒーロー17歳というアウトっぷりですが、思ってるより甘さがないので気が向いたらぜひ。でも順子(ヒロイン)のポテンシャルならこの年まで売れ残ってないだろうなって感じはすごいからそのへんはまぁフィクション。ヒロインが筋通ってて恋愛脳じゃないタイプの作品なんでそういうの好きな人はぜひ。
身内ではゆりゆり(ヒーロー)は空閑くん(スタミュ)でドラマ化だな…って盛り上がってる。(?)



ヒプノシスマイク
推し:伊弉冉一二三(暫定)
なんか作品内の治安が悪そう(?)だから近寄らなかったんだけど、フォロワーさんの「速水奨がラップしてる」の一言で履修をキメました。
金髪釣り目の美人なのでやっぱりひふみが可愛いんですけど、個人的にビジュアルよりもスーツ脱いだ時のあの…したったらず…えっ…だめだよ…いけない…この感情は多分ここで出すと怒られるやつ…(こら〜!)
身内には「お前絶対ひふみ」って言われてたし、ひふみって言うと「あぁ…ぽい…」って言われます。最近よく言われる言葉は「本当に男の趣味わかりやすいよね」です。不本意〜!!!(笑顔)
でもシンジュク、現段階だととても善玉ディビジョンなので、ハマの空気が落ち着きます。(治安が悪そうって怯えてた割に治安の悪いディビジョンが落ち着くこの矛盾)
サマトキサマの理性死んでる感じとか、割と好きだよ!あと中身あれなのにビジュアル渚カヲルなの、やばオブやば
あとシンジュクVSハマのドラマCD後半、超〜〜〜深読みした〜〜〜ごめ〜〜〜ん!!!どこか分かった人は僕と握手!
あと一郎パートの度にメィジ…ってなる…レムさまもいるし…パニック…(短期間に履修詰め込みすぎ弊害)木村さんの物理で殴る!って感じ、めっちゃ元気出る〜!!OK〜!!!(バールのようなものを持ちながら)


BANANAFISH
媒体:アニメ
フォロワーさんが激烈ダイマしまくってたのでとりあえず録画〜っつって2話まで見てありえん最高した。
ありえん最高。
ヒロインが生意気な金髪釣り目だからな
いやちがうアッシュはヒロインじゃねえ!!!!
でもアッシュちゃん、あかん、アッシュちゃんって呼びすぎてアッシュちゃんじゃないと落ち着かないからアッシュちゃんで進めますね!アッシュちゃん、あまりに最高じゃない!?
金髪釣り目の美人でIQ180で射撃の腕もバリクソ良くて人望が厚くて齢17にしてギャングのボス…?はぁ…好き…(真澄)
個人的にボコボコにされる美人が大好きなので毎話ご褒美です。アッシュちゃん、毎回ボコられてない?かわいい。
1話のアッシュちゃんの戦闘シーンがあまりに作画最高すぎて、どハマりする決め手でした。監督誰かと思ったら俺らの内海監督!!!!!愛してるよ!!!!!
せっかく原作未履修なのでアニメ完結までは原作読まないどこ〜って思ってます。終わったら履修します!
身内に布教しまくってるんだけど、アッシュちゃんと英二の説明する時に「アッシュちゃんのメサイア」っていうと本能で理解してくれるから、楽。
こじらせ腐女子なので腐女子の癖に恋人じゃないシンメが大好きなので今とても人生が楽しいです。お互いにメンタル的にベタベタしあってない感じが最高に好き。まだお互いどっか踏み込めない感じからどう転がってくんかなぁ〜って今後の展開を楽しみにしています。あと平田さんはかわいい。
願わくばアッシュちゃんの未来に佳き幸せがあらんことを…しばらくは無理だろうなぁ…笑
こないだ土日にノイタミナショップ行ったけど混んでて散々だったのでどっか平日仕事上がり狙ってまた遊びに行きたい!誰か付き合ってくれる人募集してます😘
超〜頭足りてない女の感想になってて申し訳なすなんですけど、アッシュと英二の関係性とかアッシュの過去とかなんか色んなあれこれは原作未履修の時点で口にする資格ないと思ってるんで(こじらせ原作厨)ちゃんと原典まで履修した上で気が向いたらはてブロにします。
これはこないだ二次元のオタクエンジョイしてた時の写真。

・TRUMPシリーズ
はじめての繭期マラソン参加してました!
Dステ版のテンション割と好き。
去年グランギニョル見てからなかなかタイミングがなかったり覚悟が決まらなくて履修できてなかったので今回見れてよかった〜!
いまはLILIUMとDステ版TURETHと高杉くん版が見たい。どうせしばらく時間ないので年末にボーナスで揃えようかなぁって思ってます。
個人的にはグランギニョルが好き。染谷さんのお芝居まじでグランギニョル以降見れてなかったけど久しぶりに見たらやっぱり上手いなぁって思った。ダリちゃんスタンプ作って欲しい。よかろう💗


あとは野球とかの感想も書こうかと思ったんですけど長くなりそうなので流石にエントリ分けます笑

今日の帰りから台風やべ〜らしいな!?明日の朗読劇大丈夫だろうか😭

なんか琴線に触れるような話題があればお題箱からでも話しかけてやってくださーい!

それでは皆様良い推し事を😘

酒は飲んでも飲まれるな

どうも毎日暑いですね!
今朝化粧しようとしたらコンシーラーのキャップが外れてて化粧ポーチがおじゃんになりました、ねもとです。かなしーみーの〜向こうへ〜と〜(BADEND)

昨日はキャスサイべでした〜!
書くかどうしようかな〜って思って構ってちゃんしたら構ってくれた方がいらしたので書きます✌️これは私信です!!!(?)

前回同様朝が!!!はええ!!!!
9時50分開場って健康的すぎん?
ちなみに前の日に手紙とか全く書かずに寝たもんなので2時に起きて手紙書いてました。
手紙を6時頃書き終えたんですけど寝ると起きられない匂いしかしなかったので8時前に渋谷向かって朝定食(マグロのたたき丼)食べてたからめっちゃ健康的だわ…キャスサイべは健康にいい…

虚無顔でお弁当消費しながら雄三を集めつつ、適当な時間に会場向かいました。
1部の待機列は日陰だったから良かったけど2部には日が昇ってガッツリ日向だったので焼豚一丁仕上がっちゃうところでした〜🍻

まずは1部の感想から〜

待機列の時に松本さんがいらしたのでわ〜いってはしゃいでたら松本さんもテンション高くて愉快だった🌸夏だからな!(?)
このイベント、最初に出された俳優の名前が石田隼なの、謎が謎呼ぶラビリンス過ぎてやばい。ラビリンスッス〜!!!スッスッス〜!!!
松本さん「出欠とります、石田隼!……欠席!!!

そりゃそうすぎる

土曜の10時半からこのやり取りで沸く会場、愉快。

1部は本田さん、横田くん、ふるやまさんの3人だったわけなんですけど…

あっ本田さんが!!!夏っぽい!!!!服着てた!!!!かわいい!!!!!大体黒か白なのに!!!!!ピンク超似合う!!!!かなり色抜けてキンキンの髪と合わさってすげえ〜夏感あって最高では!?かわいい〜!!!!!

イベレポにするつもりはないんで感想になるんですけど、

横田くんあまりにも可愛すぎません!?

びっくりした…

本当にびっくりした…

多分イベント中1番口に出した単語、横田くんに向けた「えっ!?かわいい」だったと思います…

イベント冒頭から本田さん、ふるやまさんに天然って言われてて、ただ、女の習性として人に天然って言われる天然は信用ならないと思ってるんですけど(まぁ色々あるよね)、本物だった…

しかもなんかこう、嫌味のない天然(?)なんですよね…かわいい…

ふるやまさんと本田さんが独特のテンポで進める会話を横ですごいちゃんと聞いてる様子が…かわいい…めっちゃいい子やん…
へーって聞いてるだけでもなく、無理やりねじ込む訳でもなく、なんかこう…様子見てると、あっこの人マジでいい子だ………ってなりました…かわいい…

天然かましすぎて会話がぶつかったかなんかの時に松本さんに「君のことは一生忘れませんからね…」って言われた時の反応が「えっ!?やったぁ!☺️🌸」なの、誰も勝てないすぎてハチャメチャわろた。

横田くん本当に可愛すぎて本田さんが客席に「りゅーぎ可愛いですよね〜」ってふってた時ヘドバンした。

イベント自体はお悩み相談と一部はお題回答みたいな感じでした〜

いや、にしても何回でも言うんですけど横田くん可愛かった…すごいよあんな…あんなかわいい…20代男性が…天然記念物やん…

横田くんがすごいぽやぽやしてるので本田さんがすごいお兄ちゃん風吹かせててそれはそれでかわいかったです(?)

でも本当横田くん可愛すぎて本田さんが
「俺の方が先輩なんだけど!!」
って言ってる時
「お兄ちゃんでしょ!!!優しくしなさい!!!!」
って感情だったからなんかもう母なのかもしれない(????)(優しかったよ)
本田さん割と体育会系だよね。インドアなのに(?)

1部何があったかな…横田くんが可愛かったのと本田さんが可愛かったのとふるやまさんがかっこよかった以外の記憶があんまりないんだよな…
そういえば横田くんが可愛すぎてバイべ行くことにしました(フッ軽)
戦ブラは様子みて入ろうかな〜って思ってるんですけど誕生日に公演あるのでイケメンに囲まれながら誕生日過ごそうかな…戦ブラ原作全然知らんのだけど、出演者の顔面偏差値カンストしすぎでは?

話がそれた!
初対面からのギャップの話とか面白かったな〜!
そういえばちょこちょこ聞くんだけど未だにイメージつかないのが、本番前に本田さんがめっちゃ緊張するってやつ…
いや疑うとかじゃなくて、あんなすんげ〜芝居とパフォーマンスする人が何をそんなに緊張するんだ!?って言うのと、客前に出てる姿からだと全く緊張を感じないもんだから…
ふるやまさんには「アップの時とか超ウザ絡みしてくるのに本番前とかになるとすげぇ静かになってて、『お前さっきまでの勢いなんだったんだよ!』ってなります」って言われてましたね…笑
(なんかこんなのおれんじイベでも聞いたな…笑)
横田くんにも「すごい緊張してますよね」って言われてたし…
なんかこういう話を共演者から聞くと「本田さんも人間なんだな…(関心顔)」します。普段は割と「役者本田礼生」って概念として捉えてるんで(?)(宗教)

お悩み相談ははぁ〜なるほど…ってなるものから、そりゃそうってなるものまで松本さん指定の「あんまり重くないやつ」で楽しく進行してましたね〜🌸

そういや1部だったと思うんだけど本田さんが客席に「えっ、大丈夫ですか?ボクシングで解決しますか?」って言ってたの相変わらずハチャメチャでわろたし本田さん案外血の気が多い。インドアなのに(?)

インドアと言えば、これは2部だったかな〜
休みの日に予定詰め込んじゃう、みたいなお悩みの時に本田さんが「何も無い休日ってどこからなんですかね…?家から出ないとか…?映画とか(配信などで)見てても何もしてないカウント?」って確認してたの、

あっ、そっからなんだ!?

ってなったし、予想通り「それで行くと僕休みの日はいつも何もしてないですね!」って言ってて、疲れ果てた社畜かよってなりました…前々からイベントでそんなようなことは言ってましたけどね…
本田さんの、常に活発!いつもアクティブ!ってよりかは、やるところはやるけどオフはとことんオフなところ、オタクしてても救われること多いんで好きです。多分本田さんがパリピ系人種だったら絶対ここまで追ってない…笑

2部の話になっちゃったんでこのまま2部の話しますね〜

横田くんは一部のみ参加だったので二部は本田さんとふるやまさんのおふたりでした!

2部のヘアセット可愛すぎた〜!

今回の本田さん色柄ものでめっちゃかわでしたね〜!個人的には今回くらいの色柄ものすごく似合ってて好き〜!!!かっこいい〜!!!夏っぽい〜!Yeah!なっつっは!Yeah!マッジっで!Yeah!ぶっとんで!3!2!1!GO〜!!!

そういやふるやまさんの本田さんモノマネハチャメチャわろたwwwwwwwwwww本田さんあのいじり方できる人限られるからいいぞもっとやれ!!!!って気持ち!!!!!!!

あとチャックのくだりハチャメチャわろた〜アイドルじゃない方ね〜(この2人そろうとこういう書き方になる)
えっ!僕がチャック開いてるの見たことあるよって人!」「結構いる!!!!!
愉快すぎる。
まぁどこでとは言わんけど特に初日はマジでびっくりしたよね。本田さん人間だったわ(推しのミスに人間みを感じるのやめな!)

2部はお題回答なしでひたすらお悩み相談でした!

で、ここでやっとここのブログのタイトル回収なんですけど、私もお悩み相談してきました!

色々深刻(に考えないといけないけど考えたくない)な悩みとか現実問題はまぁ山ほどあるんですけど松本さんが「重くないやつ」って言ってたので(松本さんの言うことは〜?)(絶対〜!!!)

「医者に酒の量を減らせって言われてるんですけど中々難しいです、どうすればいいでしょうか?」

でした〜

今年の健康診断の時にね…医者にね…「1回あたりの飲酒量をもっと減らしてください」って怒られたんですけどね…こないだもしこたま飲んでたんですよね…でも毎日飲んでるわけじゃないし飲み会の回数も少ないから平均すれば大丈夫じゃない?まぁ大丈夫じゃないから怒られてるんですけど…

あっでも禁煙は続けられてます!偉い!(誰も褒めてくれない(そりゃそう)から自分で褒めます)

これ聞いた瞬間の本田さんの回答が「それは(飲むの)やめてください!?!?」でそれなすぎて反省しました!!!!おっしゃる通り!!!!解決!!!!!

とはいえちゃんとこのあと回答してくれて、

本田さん「お酒を飲んで後悔したことを忘れない❗️

ふるやまさん「5杯飲んだら次の日は4杯、その次は3杯…って減らしていって、1杯の次の日は5杯にすればトータルで減らせる

でした。

お酒の失敗ね…まぁ…大人になると…色々あるよね…
ここには書けないようなのもあるんだけど(…)書ける範囲だと自分の新歓で記憶飛ばすとか、酷い二日酔いとかその手のやつかな…
うっ…思い出しただけで胃が…

毎回ね〜!直後は「酒の量減らそう」って思うんだけどね!ダメだね〜!馬鹿だからすぐ忘れる!

ふるやまさんのも、手法としてすごい参考になるなとは思ったんですけど、あの質問だけで酒でやらかしてることを見抜かれてるのシビアすぎてわろたのと私にとって効き目がありそうなのは本田さんの方だったので本田さんの回答を選ばせていただきました…

ちなみに「今日も飲んでます」って言ったら「えっ…………えっ!?!?今何時ですか!?」って言われたあたり、本田さんめっちゃちゃんとしてる大人だなって思いました!(あたりまえ体操)
今は13時だけど10時前から飲んでて反省しました…休みの日に真昼間から飲酒するの、社畜の醍醐味な節あるから許して!
※ちなみにイベント中はそんなに馬鹿みたいに飲んでないです。

本田さんに「これ壁に貼ってくださいね!?」って言われたので今日世界堂で額縁とマット買ってきました✌️
明日貼り付け用の画鋲買ってこよ〜

というわけで写真です。

さぁ!
お分かり頂けるだろうか?

これもらった時点で本田さんの顔しか見てなかったから2部も終わりに差し掛かった時に気づいたんだけど日付が

日付が

ちょうど前の日に時かけやってたけど本田さんも時かけちゃったんかな…?未来で待ってるね(お前が千昭なんかい)

1部の時も同じことやってめっちゃいじられて「2018年ね!」って確認しながら書いてたのに2部で同じことやってるのドジっ子で可愛い(推しにゲロ甘)

その他2部も色んなお悩み相談に乗ってたわけですけど、なんか今回フォロワーとか知り合いが色紙当ててる率高すぎてめっちゃわろた。
例のコピペ色紙(言い方!!!!)、両方友達が当ててたんでだいぶ笑いました。愉快愉快。

イベント中はまったり飲酒してましたがさすがにこの流れでアフターでも飲酒キメるのはクソすぎるな!って反省したのでアフターのノンアルでした!本田さん、褒めて💗(カズナリミヨシの人格)(昼から飲んでる時点で褒められたもんじゃねぇ)

この色紙とのツーショ(?)を友達に撮影してもらったので飲み会の時は待ち受けにしようと思います。

今回もキャスサイべ楽しかったけどマジでスタンディングなのだけ本当に何とかしてくれ!!!!オタク体力ない!!!!(前回同様楽しく参加させていただきました、次回ゲスト出演も楽しみにしております。)

次の現場は8/9の朗読劇なのでそっちも楽しみです!脚本書き下ろしみたいなので初見でどうかなーって思ってますが、本田さんの朗読劇は本当にずっと楽しみにしてたのでめっちゃ期待してます✌️

8月!9日!です!お時間のある方は是非〜!

今日っつーか昨日はスタミュミュ大楽ライビュで死ぬほど泣いて脱水症状起こして取るものもとりあえず爆睡して今に至るんですけど、ミュミュの感想はまた改めて書きに来ます!
星屑までに色々やりたいこともあるのでしばらくは引きこもって家で作業しよ…あっ!来週はまた別舞台2本入れてたんだった!!!オタクまじ忙しいな

まぁそんなこんなでどったんばったんしながらねもとの夏は過ぎていきそうです!

ではでは皆様も良い推し事を〜!

The show must go on!

どうも、駅前のベックスコーヒーで小倉クリームチーズホイップトーストなる食べ物を食べたら胸焼けがひどい、ねもとです。最近甘いものとか食べつけなくなってる。塩辛とか食べたい。枝豆とか。

いやはや、ご無沙汰しております。

 

さて、今回は、MANKAI STAGE A3! ~SPRING & SUMMER 2018~ の感想記事です。

本当は今週末にでも書くつもりだったんですけど、昨日の東京楽から現実に帰ってこれなくて休み取ったので、午後からネカフェ来てこの記事書いてます。時間もあるし、ネカフェまじ快適なのでゆっくり公演の感想吐き出して気持ちを落ち着けたい。

ちなみに京都公演は行かないので、私のエーステ夏公演は昨日で見納めですね~京都楽の配信は残留組のオタクと集まって上映会する予定です!楽しみ!

 

さて、本編の感想行きましょうか。

どっから書いたものかな~

一応本田さんの出演が決まったタイミングで一回作品についての記事は更新してるんですよね。

natsuyasaicurry.hatenablog.com

 おお・・・PCブラウザからの更新だといろいろ機能が使いやすいな・・・

ちょこちょこ書いてた通り、A3!での私の推しは摂津万里です。

釣り目美人顔のめんどくさい男(例:黄瀬涼太、松岡凜、六道骸 etc)が大好きなので・・・

ストーリーとしても秋が一番好きだったんですよね~空気が重っ苦しくて。もちろん他が嫌いってわけではないですよ!

 

まあ、そんな感じで、原作オタ(って書くと怒られそうな程度のゆる~い走り方ですけど)としては推しがいない状態での観劇でした。

もちろんキャストとしては推しである本田さんがいらっしゃいましたが・・・・初日の段階はまだしも今に関しては本田さんが、って気持ちよりもエーステが最高って気持ちがめちゃくちゃ強いですね。

お手紙も入ったタイミングでは毎回だしてたんですけど、書きながら、「これ本田さんに出す意味・・・」ってなるくらい作品全体の話ばかりしてたので、今回の記事もエーステについてのお話になると思います。

 

あと、私のごく個人的な印象のお話になるので、ここに書かれていることが必ずしも正解ではないと思いますし、私の印象について押し付けるつもりもないので、その点だけあらかじめご了承の上、以下読み進めてもらえればと思います。あと、いつものことなんですけど、思ったことほぼそのまま書き出してるので読みにくいです。ごめんご。ほぼ自分用。あとネタバレ気にせずに書いてるので、まだ見てない人は読まないで。注意してとかじゃなくてマジでこんな個人の偏りまくった感想ブログなんか読まずに見て。お願い。

 

今回、エーステって作品に対して、私が一番印象に残ったのは、「キャストとキャラクターの重ね方」です。

よく、2.5とかだと「キャラと役者の同一視」が云々って話が上がるじゃないですか。

それ自体がいいのか悪いのかはまあ私が判ずるところではないので置いておきますが、好きか嫌いかでいえば、私はあまり好きではありません。

役者は役者、キャラはキャラでしょ。

っていうのが私の考えなので。

 

まあところがどっこい。

エーステに関しては そこすごい開き直ってきたなあって印象なんですよね。

重ねて申し上げますが、私の個人的な印象です。制作・キャスト側にそういう意図があったのかどうかはわかりません。

ただ、キャラクターとキャストの印象のかぶり方に始まり、東京楽での演出変更。

個人的にはこの感覚が一番すっと落ちてきました。

 

例えば、咲也役の横田くん。

代表作として思い浮かぶのはやっぱり刀ミュでの物吉くんですかね。 みほとせを見に行った時は別のキャスト目当てだったので、正直そこまで印象になくて、キャストが発表になった時も、「初座長がこのタイトルってすごいな」くらいにしか思ってなかったんですよね。

 

実際初日に見てからの印象はまんま咲也だなって。

咲也って、わりとシビアな育ち方してる子なわけですけど、その生育環境でどうしたらそう育つ!?ってくらいまっすぐで素直で優しい子なんですよね。

不器用で、でも一生懸命で、ずっと一人ぼっちだった分、誰よりも春組のことが大好きで大切にしてる子。

新生MANKAIカンパニーの、はじまりの子。

そんな咲也に、横田くんの姿はぶれなく重なりました。

あっだめだまた泣きそう・・・・

 

正直、横田くんにとって、チケットも即完売、原作ファンからの期待値もめちゃくちゃ高いこの作品の座長はすごいプレッシャーだろうなって思ってたんです。公演を見ての印象としても、「客からの期待を自信に変える」みたいな勝気なタイプには見えなかったですし、実際東京楽のあいさつでも、幕が開くまで怖かったとか不安だった、といった感じのことをお話しされていましたし。

カンパニーの柱としてどん!って構えるタイプの座長ではないなって。言い方が悪いんですけど、「ちょっと頼りない」座長ってイメージだったんですよ。見る前・・・あるいは公演序盤は。

 

ちょっと作中の咲也の様子について触れると、とにかくお芝居が大好きで、舞台に立てることがうれしくて、トラブルとか揉め事にも真正面からぶつかっていくわけですが、そんな咲也を演じる横田くんがあまりにも等身大なんですよね・・・

なんだろうな~再現度が高いとかってレベルじゃないんですよ。まんま咲也。これは演技力による再現度が高いって意味よりも、本人の性質がキャラクターに近いんだろうなって印象がめちゃくちゃ強くて・・・

 

例えば、本田さんとは真逆の印象なんですよ。別にどっちがいいとか悪いとかじゃなくて、性質の問題なんですけど。本田さんは細部までこだわりぬいて作り上げてくるタイプの芝居って印象なので。そのこだわり方が変態的で大好きなんですけど。普段推してる人がそのタイプなので、横田くんの咲也はすごい印象的だったんですよね。

 

 ご本人がどういう役作りをされているのかはわからないですよ!あくまで私の印象!

 

とにかく本当に一生懸命なんですよ。ずっとずっとまっすぐで、春組が、MANKAIカンパニーが大好きな咲也そのもので。ビジュアルの再現度も恐ろしいほど高かったですが、動く姿が、仲間と過ごす姿が、成長していく姿が本当に咲也そのものだった。

 

すごく印象的なのが、笑顔なんですよね。

初日は緊張からか、ちょっと表情硬いのかな~って思ったりもしたんですけど、公演を重ねるたび、本当にキラキラした、「うれしい!」「楽しい!」って役も中の人もそれしか考えてないようなまっすぐな表情されるようになったなって思ってて。こんなに純度の高い(?)笑顔ってすごいなって感心してました。

最初の稽古シーンで真澄のジュリアスのお芝居を見て「真澄くんすごい!」ってすっごい嬉しそうにうんうん!ってうなずいてるのも、

監督と話してるシーンのぎゅう、って、やっと見つけた自分の居場所を抱きしめるようにうずくまってる時の笑顔も、

一成がシトロンに「君主役?」って話しかけてるとき、自分です!って割り込み切れなくてわたわたしてるのも、

すっごい咲也だなあって。

 

こんなこと書いてると本当何様だよって私も自分で思いますが、私の表現力ではこういう書き方になってしまって申し訳ないのですが、

公演を通してお芝居もめちゃくちゃうまくなったなって・・・

初日は「本質が咲也だ」って感じたところに技術的なところも追いついてきたような印象でした。

 

だからこそ東京楽での演出変更がめちゃくちゃ効いた。

この話はまたちょっと他の話をしてから戻ってこようと思います。

 

もう一人、推し以外でお話したい方がいます。

天馬役の陳内さん。

 

正直キャスティングを見たときは面食らいました。やっぱり、他のキャストと比べて、キャリアが全然違う方だったので。一瞬落ち着いて、でも天馬の「実力派俳優」ってところに準拠していくと納得でもありました。

陳内さんに関して、公演が始まる前までに、めちゃくちゃ印象的だったのが、SNSの更新がすごくマメ(でエモ)だったことでした。

作品にすごく真剣に向き合ってくれてるんだなって、感じたんですよね。なんとなく、天馬のキャスティングにびっくりしている方が多かったのもわかってたんだろうなって、思ってもいます。

 

今ってツイッターもインスタもブログもあって、「現場」の様子を伝えることができる環境じゃないですか。意図してそのあたりを伏せる人も、単にSNS苦手な人もいるみたいですが、陳内さんはカンパニーの様子だったり、作品について、本当にマメに伝えてくださってたなあって。多分稽古始まってからほぼ毎日更新してなかった?気のせいかな・・・・でも更新率は断トツだったと思う。

更新があって現場の様子が多少なりとも知れることもうれしかったんですけど、それよりも、これだけキャリアのある人がここまで観客サイドに歩み寄ってきたのがすごいなって。

 

演技に関して、周りを食いかねないくらいの実力の方だと思ってるので、なんでここまで・・・・って思ったら、やっぱり、配役というか作品の毛色というか予想されるであろう客層に対しての認知度というか・・・・なんかそういうところだったのかなあって思います。私の周りでも、キャスティングについてはやっぱり二極化してたので。陳内さんを知ってる人は「陳内さんなら」って人が多かったし、知らない人はびっくりしていたようでした。

 

なんとなく、そういうところも踏まえて、「実力は断トツなのに、舞台の上に立つことに不安がある」天馬と重なったんですよね。

これこそ私が最初に言ってた、「キャストとキャラの同一視」そのものだろって思うし、それに対してめちゃくちゃ都合よくても申し訳ないんですけど、今までほど嫌悪感がなかったんですよね・・・・これもまた東京楽の演出変更に話がつながるんですが・・・・

 

その前に、夏組についての話を。

 

春組が若手っぽい若手が多いなって印象なのに対して、夏組はキャリアだったりお芝居の実力だったりチーム内での立ち位置だったりのバランスがまんま夏組っぽいなって印象でした。

前述した陳内さんの天馬、お芝居の実力について安定した三角に本田さん、個性が強いメンバーを最年長としてサポートしてる一成の赤澤さん。カンパニー中最年少の幸と椋に、実年齢としても若い宮崎くんと野口くん。

 

特に宮崎くんは、初日から本当に成長したなあって感じてます。初日の段階ではかなりぎこちなさが目立ってた印象なんですけど、千秋楽の天馬とのやり取りなんか、本当に勝気な幸そのもので。

 

あとは赤澤さんの一成。赤澤さんはちょこちょこ出演作を見ていて、イベント系もたまに行ったりしてたので、ご本人のイメージと一成が、うーん重なりはしないんですけど、めっちゃハマるなって思ってました。実際すごい楽しそうでしたよね笑

普段のはじけ方がすごい分、最年長としてさりげなくサポートしてる姿とか、天馬との稽古場でのシーンとか、監督と話すシーンとかのギャップがすごかった。

稽古場のシーンを踏まえての、天馬に「だって俺たち、友達じゃん」って言うシーンが本当に大好きなんですよ。天馬の手をぎゅっと握って、少し震える声で・・・何回みてもこのシーンぼろぼろ泣いてました。

 

そして本田さんの三角。

やっと本田さんの話までたどり着いた!笑

もうエーステそのものが好きすぎて推し以外について書きたいことが多すぎる!

ちょっとここからは通常運行のハイテンションで書かせてください!(なんか推しじゃない方の感想って真面目に書かないとって気持ちになるので真面目に書いてたけどそろそろ疲れた)(推しに対しても気持ちはまじめ(?)なんですけど)

三角三歳!!!!!!!!!!(出鼻から最悪だな)

いや、バブみが強い。ふわ~っとしたキャラクターではありますが、若干したっ足らずなのでハイパーかわいい。発音がhの音を通ることが多い+ラ行がゆるいのでハチャメチャかわいい。

もはやあざといレベルなんだけど、そこに一切の躊躇がないからひえ~~~かわいい!ってなる。最高。

三角ソロ曲は三角に絡めてワルツのテンポで、まるでNHK知育番組だったんですけど(?)途中からアップテンポでゴリゴリのブレイク入ってくるの、本田さんのオタクとしては「待ってたこれこれ~~~!!」感が強くて最高だった。

 

最近ショー系が続いてたので、エーステでアクロやった時の客席の「わあ!」ってびっくりした感じがすごい新鮮だったし、冷静に考えて、こんだけすごいもん見慣れてるのやべえ贅沢だなって思いました・・・・最高・・・・

衣装も、基本萌え袖の形になるし、歩き方とかも、バブみが強いので、やっぱり三角三歳・・・・

 

これからエーステを見る方には

「なつぐみってなに?」「そおなんだ!」のバブさに注目してほしい。

 

とはいえ、かわいいだけで終わらせないのが本田さん・・・・

まずは私の三角に対する印象から話をします。

原作プレイ時点ではそこまで好きではなかったんですよね。ちょっとトリッキーっていうか電波気味の子って一番好きって枠には来ない性癖なので・・・

んで、エーステで本田さんの三角を見た感想としては、三角めっちゃ好き・・・・に・・・いや待って自分でも現金だなって思うけど、これは本田さんのオタクとしての感情ではなく、監督としての感情でして・・・・

 

エーステの三角を見て「斑鳩三角」ってキャラクターについて掘り下げてもらった印象なんですよね。ちなみにこれテニスの時に本田さんの菊丸見たときの感想に近いです。テニスの場合は本田さんの菊丸ありきではありましたけど。

 

本田さんが三角をやるにあったって一番楽しみにしてたのは「役に入った時の切り替わり」と「アクロバット」でした。(上の記事中でも言っていますが)

ただ、東京楽が終わった今、一番印象的なのは、普通の(?)日常パートのお芝居なんですよね。

バブみの強さもさることながら、そこだけじゃない、「斑鳩三角」の抱えるものについてもすごく伝えてもらったなあって。

 

例えば、夏組合宿で花火をするシーン。

(ちなみにあそこの「花火~!」って一成を追いかける三角、あまりにも足が速くてじわじわ来ます)

幸に「家帰ってんの?」って聞かれて「ううん、ぜんぜん?」って答える三角ですが・・・・いや重い・・・・重いよ・・・・重いのに本人は本当に事もなさげなんですよね。触れられたくないから軽く流すとかって感じでもなく、心底「気にしてない」って感じなところが余計に重い・・・・

でも、一成に「じゃあてんてんとすみーは行けなかった分、たくさん思い出作らないとね!」って言われた時の三角の表情を見ると、価値観がちょっとずれてるだけで、大切なものは大切にする子なんだなあって・・・ここの表情はなんて表現するのが正解なのかわからないのでぜひ実際に見てほしいところ・・・

 

三角が夏組に入ることになったあたりも、好きで・・・・

一成に「だって、すみーと俺、友達じゃん?」って言われた時の表情・・・・びっくりしてるんですよね。雄三に怒号を飛ばされても「ほあ~」って顔してるのに・・・・

そんなこと言われると思ってなかった、って顔してて。

 

あと、監督と話をするシーン。

私ここの本田さんのお芝居が一番好きなんです。斑鳩三角の人間性について一番伝わってくるので・・・・

うーん、なんていうか、このシーンでエーステの三角と原作の三角がイメージとして同じラインにつながったような感覚なんですよね。言葉が難しい・・・・

感情の出し方が違うだけで、わからない訳じゃないんだなって気づいたときにはぼろ泣きしてました。「俺のことを見放さないでいてくれた~」のところですね。自分が変わってることを自覚してるんですよね。おそらくはそのことから友達が少ないってこともわかってる。だからこそ、一成に「友達じゃん」って言われた時のあの表情につながると思ってます。

 

あと一つ、三角について思ったのは「大事なものしか大事じゃない」子なんだなあって・・・個人的にはその考え方をライフハック的に見習いたいくらい、大事なものだけ抱えてるってイメージです。

どうしてそうなったのかについて考えるとまたしんどくはなるんですけど、そこはさておき、例えば、監督と話してるシーンとか、天馬の帰りを待つシーンとか、「だいじなさんかく」をもって、膝を抱えてぎゅうってうずくまってるんですよね。抱えたものを守るような姿勢だなあって思うと、本当に切なくなるんですけど・・・そういうの見ると、余計と「大事なものだけ抱えてる」って印象が強くなります。

そのことが、なんていうか本当に愛しくて、すっごく好きだなあって思ったんですよね。

 

夏組全体のお話もちょっと。

ゲネプロのシーンからの夏組、見るたびに重さが増して、しんどくて、でもまぶしくて・・・・って印象でした。

っていうかあそこのシーンの陣内さんが本当にすごすぎて・・・・オーディションのシーンとここのシーンを初日に見たときに、天馬が陳内さんでよかったって心の底から思いました。

この辺りは公演後半になるにつれて泣いてるキャストも多かったよねえ・・・多分・・・私も爆泣いてるからちょっと自信ないけど・・・

ここの幸の「だからなに?」からのセリフがほんっとに好きで・・・・ここのお芝居、日毎によくなってて、幸の成長と宮崎君の成長とダブって見えたところです。

 

あと、夏組で一番好きなシーンが、円陣のシーン。

いつからだったかな~気づいたのは何回か見たタイミングだったんですけど、天馬の衣装をぎゅーって握るんですよね・・・・本当にまぶしくて、あんなにバラバラだった夏組が、しっかり天馬を支えて一つのチームになってて・・・夏組がこのメンバーでよかったなってぼろぼろ泣いてました・・・

 

千秋楽の話をする前に、ちょっとダンスの話していいですか?まあ勝手にするんですけど!

今回梅棒さんが振り付けということでめちゃくちゃ期待してたんですよ~!!!!!

最高!!!!!

初日オープニングの時点で「あっチケット代回収した」って思いました。

なんとなく察してはいましたがかなり歌って踊ります。ミュージカルって程ではないですが。

そういえば最初は大丈夫かってくらい音程がったがただった人たちもかなり安定してたね後半・・・成長・・・

ダンスに関してはやっぱり推し定点気味なので本田さんの感想メインになっちゃうんですけど、梅棒さんの振り付け×本田さんのダンス=相性最高すぎて・・・・

本田さん追ってるとまあダンスを見る機会が多くて、見てるうちにダンスって言っても種類いろいろあるなあとか、振り付けにも癖が出るなあとかわかるようになったんですけど、梅棒さんの振り付けは今まで本田さんの出演作で見たことのないタイプの振り付けで、見てて本当に楽しかったです!体力の消耗やばそうだけど・・・笑

オープニング、シトロンソロ、Water me、The show must go on!が好きですかね~

特にWater meのシンドバッドと合流する直前のダンスすごい好きなんですよね!めっちゃ楽しい!はける直前にすげえ姿勢で異様な高さで飛ぶ魔神に注目。

あとオープニングの夏組パート、「ドジでバカで~」の椋のところの振り付けもかわいい!歌詞の字面がすごいけど・・・笑

さて、千秋楽以外で書きたいことこれくらいかな!?

まだあったらあとで加筆に来ます。

 

千秋楽演出について。

 

意味わからんほど泣いた。舞台観てあそこまで泣いたのは関東氷帝大楽ぶり。マジで。

 

春組の時点で泣きすぎてロビーで立ってられなかったくらい泣いた・・・・フォロワーさんに介護してもらってました・・・・ありがとうございました・・・

 

何が起きたのかの詳細はここでは書くつもりはないのですが、円盤の収録だったり配信だったりが複数公演分ある意味が分かりましたね・・・

 

原作ストーリー上、「各組公演千秋楽」っていうのは重要な要素の一つで、初日に見た時点では、「まあ2時間半の舞台にまとめるならどっか削らないといけないしね・・・」って思ってたんですよね。そこなくてもストーリーとしては問題なく成立してましたし。

 

だから、バックスクリーンで「春組千秋楽」って出た瞬間頭が真っ白になりました。

 

もともとの舞台ストーリーでは入ってきていなかった「千秋楽」って要素が、今日この日、エーステの千秋楽って形で重なるってところは楽しみにしてたんです。でもまさか舞台ストーリー上も千秋楽を迎えるって・・・・

左京さんも言ってた通り「千秋楽スペシャル的なサービスに安易に走るな」って、まあ、わからないでもないですけど・・・私としては千秋楽に限らず生ものだからこそ変化していくものとして舞台をとらえてそれをなるべく見たいので多ステするわけなんですが・・・・(というかこのセリフ自体千秋楽仕様なの、巧いな~ってなります笑)

 

でも前述したとおり、初日から、公演を重ねるたびにお芝居がどんどん良くなってて、特に若いメンバーはそれがかなり顕著に出てるこの作品で、「エーステの千秋楽」と「MANKAIカンパニーの千秋楽」を重ねてくるこの演出は本当にすさまじいなって思いました。

 

春組も、夏組もなんですけど、前楽の一番の盛り上がり・・・・要は「千秋楽で変更になった」もともとのシーンがすっごい熱が入ってたんですよ。

いくら楽日とは言え、前楽の段階でこんなに熱の入った芝居するのすごいな、って思って、マチネ終わってからの感想に「千秋楽かと思った」って書いたんですけど・・・・

あながち間違ってもいなかったわけですね・・・・もちろんこんなことになるなんて想像もしていませんでしたが・・・・

 

今までは初日前のカンパニーの様子と、初日公演の様子を描いてきたところを、千秋楽前のカンパニーの様子と千秋楽公演の様子を描いてきてたわけですが・・・

 

ここまで来て、この記事の最初のほうで言ってた、「キャラとキャストを重ねてくることにすごく開き直ってる」ってところにつながります。

 

構成として、エーステカンパニーとMANKAIカンパニーをそのまんま重ねてきてるんですよね。もちろん、私が見ていて感じたキャストの思い入れの強さとか、成長とかっていうところは演出とかじゃなくて、キャストの皆さん自身が届けてくれたものだと思うんで、もうそこまで含めてどこまでがエーステでどこまでがMANKAIカンパニーなのかわかんないよ~~~~~~~~!!!!!ってなります・・・・

 

開き直ってる、って言葉を使いましたが、決して批判のつもりはなくて、むしろ、「A3!という作品を舞台化したことにここまで意味を持たせられるものか」とびっくりしました。

A3!であることも、その媒体が舞台でであったことも、そうでなければいけなかった、って心底思います。

 

ちょうど、公演が始まったころ、原作アプリでは2.5をテーマにしたイベントが開催されてたんですよね。なんとなく、狙ってるんだろうな、とは思ってましたが、東京楽まで見た今としては、確信に変わってます。

エーステでの至の「もう一度、誰かを~」ってセリフは本編中では拾われないところで、ジャストナイランのイベントストーリーにはまるセリフでしたし。

その、ナイラン(イベント通称です)のイベントストーリー中で、原作スタッフのキャラクターから「舞台としてナイランの世界を作り上げてほしい、舞台化に意味がある作品にしてほしい」的なことを言われるんですけど・・・・

もうまんま全部回収したなって・・・・

 

例えばアニメ化だったら、原作ストーリー通り、初日を描いた後に千秋楽を描いてって形で、ストーリーをなぞるような構成になったと思います。

 

この千秋楽の演出替えは舞台っていうコンテンツの持つ特性を全く新しい形で生かしてきたなと・・・・単なる千秋楽スペシャルじゃなくて、「作品世界中での公演の千秋楽と重ねてくる」って・・・・見た直後はもうただただ頭の中パンクして泣いていましたが、冷静になって、「してやられた!」って感じがすごいです。

 

舞台化が発表になった当初は、キャストとかスタッフ陣とか見た感じ、絶対面白いし楽しい作品って期待はありつつも、そこ止まりかなって思ってたんです。そこ止まりっていうか、そういうものを一番の魅力に売り出す作品なのかなって。

初日を見た時点でも、キャストとキャラの重なり方とか、再現度とかいろいろ泣かされる要素もありましたし、確かにいい作品だと思いました。楽しい2.5作品としてカウントすることになるんだろうなって。馬鹿にしてるとかじゃなくて本当に純粋な感想です。それはそれで期待を十分超えてきてたからこそ持ちえた感想なので、私は十分満足だったんです。

 

でもこの千秋楽の演出で、私の中でエーステってコンテンツそのものが伝説級になりました。すごいよ本当。

 

楽日マチソワで数時間前には別の展開やってたのに、千秋楽っていうたった一発、しかも観客は何が起きるのか全く知らない状況で、千秋楽にして初日、みたいな展開。

演出変更の範囲も少なくはない。

セリフだけじゃなくて、動線も変わってるし、曲の歌詞も変更になってる。

このたった一回のために、どれだけキャストが頑張ってくれたんだろうって思うと本当に・・・もちろん、普通の(って言ったらあれですけど)公演も、たくさん頑張って、苦労して、プレッシャーと戦って見せてくれてる景色だとは思ってます。

でも、今回は千秋楽でのここまでの変更で、それ自体が持つ意味合いがあまりにも大きい。2.5とかってくくりで語るのにはあまりにももったいないくらい、あるいは「舞台化作品」って冠もふさわしくないくらい、まったく新しいものを見せられたような気持ちです。

 

この作品はA3!じゃなきゃいけなかったし、舞台じゃなきゃいけなった。

 

A3!の作品性質も、舞台というコンテンツの性質も、こうあるようにかみ合ったような。

 

で、ここまで振り返って思うのは、やっぱ本田さん追ってると飽きないなあってことで。

いくら原作好きとは言えあの倍率でしたから、本田さんが出てなければここまでチケット増やしてないですし、おそらく楽日も入ってなかっただろうなって。

作品の面白さは本田さんだけに起因するものではありませんが、見るきっかけとしては、やっぱり本田さんだったので。

エーステに関して本田さんがどうの、っていうより、常々思ってるんですけど、本田さんが出る作品って絶対面白いんですよ。「この人の仕事を追ってればまず外れを引くことがない」って感覚、たぶん本田さんのオタクって割と思ってる人多いんじゃないかな・・・・身内ではよく言ってる。

 

結局推しageかよって思われそうですけど、この記事の締めがたまたまこうなっちゃっただけで(なんかもっとうまいまとめに誘導してくれる校正係してくれる人募集中です)やっぱりエーステについては、本田さんが、ってよりはエーステそのものが好きだなあって思わされてます。

 

うーーーーんここまで書いといてなんなんですけど、今回本当まとまりがないですね!いつも以上に読みにくいし意味わかんないなって自覚はありますが、わけわかんなすぎてどこ削ればいいのかわかんないのでとりあえずこのままアップします!!!!!!

正直まだまだ各キャスト一人一人についてとかもっともっと話したいことがあるんですが、まだ公演中ですし、そのあたりは凱旋公演が終わったら更新したいなと思ってます。

 

もし何かあればお題箱にでもくだし!コメントでもいいよ~!承認制にしてるので伏せて!って書いてくれれば伏せるので。

 

odaibako.net

 

私ならここまでの展開(?)があまりにもグダグダすぎて多分途中で読んでるのやめてるんですけど、万に一つここまで読んでくれた方がいらしたらありがとうございます・・・・さんかくあげる~~~~~▽▲▽▲

 

結局この記事書くのに6時間ネカフェこもってたな・・・・明日はいい加減仕事してこようと思います!

 

それでは、皆様もMANKAIな推しごとを!

おれんじいべの感想

どうもご無沙汰しております、もう今年が5ヶ月終わることに驚きを禁じ得ない、ねもとです!

えっまじで?盛ってない?

GEM2幕の感想とか書こうと思ってたんですけどタイミング逃しすぎました笑

こないだまで大体ダンデビスタミュの話してお絵かきしてたのでほぼ2次元のオタクしてました!
いや、2次元のオタク、コスパ良すぎん??

まぁというのも現場ないから暇だったので…舞台俳優のオタクって恐らくそういうものな気がするからその合間に2次元のオタクするのめっちゃ効率いいなって思いました。

どうも、辰己琉唯の女です。

ダンデビは推しはいないけどオタクだから曲がめっちゃ好きです。

まぁとはいえなんやかんやしてるうちに5月のイベントラッシュが来ました☺️

※今回ちょこちょこ接触の時の会話が出てきます。基本当たり障りのない会話してるので私はそんな気にしないような内容なんですけど気にする方がいらしたら気をつけてください。

まずは5/19,20で以心伝心公録!
諸般の事情によりこっちの感想はざっくり!
今回しゅんくんがめちゃくちゃキレがあって(?)それに振り回される本田さん見るのめちゃくちゃ愉快でした笑
東京神戸ともに圧倒的に3部が盛り上がったな〜私も2部のお見送りでしゅんくんに全力で「れおくんぼっこぼこにしてきてください!!!応援してます!!!!」って応援した甲斐があったと言うものです(本田さんのオタクです)
東京が本田さん勝っちゃったんですけど神戸でしゅんくん勝った時に会場盛り上がりすぎわろた!

まぁそんなかんじで愉快に公録が終わったんですけど、まさかの翌週もイベントでした〜!
今回の記事はそちらがメインになります!

蒼木陣×本田礼生
TALK&DANCE〜

た、た、た…

楽しい……

楽しい!!!!!!!

発表になった時点で絶対楽しい…って思ってたんですけどやっぱり楽しかった…

中学からの親友であるおふたりのイベントということで、昔のお話だったり、ダンスバトルだったりを見せていただいたんですけど…あっだめだもう頭から振り返りますね!


まず会場がね!(そっから)図書館の横のホールなんですよ!笑
のちの本田さん「苦情来るくらい声出していきますよ!!!!!!
ゴリ…観客「ふぅーーー!!!!!!
多分市民会館みたいな一般利用者にも解放してる施設なんですけど、会場ついて一発目にこれみつけてめっちゃほっこりした笑

で、会場入ったら、スモッグ焚かれてるんですよ…

えっ?イベントだよね?
スモッグ?そんな照明ガンガンに使うの?って思ってステージよく見ると確かに照明設備置いてあるんですよねぇ…ひぇ〜…
その後は入場時に配られる質問用紙に記入したりしつつそわそわそわそわそわそわしてたんですけど…

開演の時刻になって暗転してまずは前アナ!
声出す準備出来てるかー!!!的な
じんくんが先頭切って→まだまだ出るでしょ!?→本田さんみたいなよくあるあれだったんですけど(ちなみに録音)正直会場のボルテージ最高すぎて割と初っ端からマッハ出てた。※ライブではなくイベントです

タイトルコールがされ、裏で流れていたダンスナンバーのイントロも終わり、曲の盛り上がりに合わせて照明が目まぐるしく色を替えて…今か、今か、と気持ちを前のめりにしていたところにおふたりが登場!
揃いのストライプのシャツ(じんくんセレクトだそうです)に、じんくんは黒のパンツ(1部で破けます)、本田さんは黒のハーフパンツに黒のスパッツに黒のシューズ…

あの、書いたことあるかわかんないんですけど私本田さんのハーフパンツ+スパッツの組み合わせ死ぬほど好きなんですよ…
他の人のはそこまで意識したことないんですけど、稽古場写真でこの格好で写ってると爆裂テンション上がります☺️

テニスの頃は結構してたんですけど最近は長ズボンだったので久しぶりに見れて嬉しいのに生で…まさか生で…見れるとは…無理だな…

いや、まじで楽しすぎて私よく生きて帰ってこれたなポイント(YIKKP)多発すぎ問題…
※ちなみに2部のお見送りで「た、楽しすぎて死んじゃう!!!」って本田さんに言ったら「うはは!」って笑われたんですけど、笑い事じゃねぇからまじで!!!!!
推しに命を脅かされてる!!!!!
(いやまぁ、ここで「えっ!?大丈夫ですか?」とかマジレスされても困りますけど)

そういえば本田さん髪染めたんですよ〜!!!かわいくないですか〜!
えっ?かわいい?
知ってる〜!!!!!
(茶番が大好き)(なぜならば〜?オタだから〜!)

以心伝心のときはかなり明るい茶色だったんですけど公録の時に、染め直したいんですよ〜また逆プリンやりたくて〜みたいなこと言っててオタクテンション大爆発だったんですけど…
前回の逆プリンみたいな明るいかんじで来るのかと思ったらアッシュ系ですかね?明るいのは明るいけどトーンとしては落ち着いててめちゃくちゃ好きです。
アッシュに弱い。

※これもお見送りの時に、「髪!めちゃくちゃかっこいいです!」って言ったら花もほころぶようなはにかみ笑顔で「えっありがとうございます〜!ふふっ!」(自分の髪両手で触りながら)されたんですけどはーいここでYIKKP追加でーす

なんの話だっけ?

まってまだオープニングも終わってない!!!笑
登場したおふたりが客席を見回すようにステージを1周してダンスがはじまるんですけど…
振り付けがね…本田さんなんですよ…

まぁのちのち本田さんからもトークの中で「僕が振り付けして〜」みたいな発言があったんですけど、1部の時点ではそれ知らないわけじゃないですか。

告知動画のダンスの振り付けしたような話は聞いていたんですけど、テンション上がりすぎてそれどころじゃなかったですし…
でも、あっこれ本田さんの振り付けだわって分かった瞬間またテンション上がって〜!もー!最高〜!(YIKKP追加)
本田さんの振り付けって告知動画でくらいしか見たことなかったんですけど、見ると、あー本田さんだ…ってなるの、こう…分かります!?好きじゃない?!!?!?!!!!!

シンメになってたり、お互いに掛け合いみたいな振り付けあったり、ソロパートでゴリッゴリのアクロとかなんかもう私には知識が無さすぎてよく分からないすごい動きしてたり、
もう!ど、どっちを見れば!目が!目が足りぬ!ってなりながらおふたりがタイトルコールして、最後にバク宙キメて終わるんですけど

えっ無理じゃない?

普通にテンション上がっちゃうでしょこんなの(YIKKP倍プッシュ)

しかもこのオープニング踊ってる間も訓練されまくった客席はガンガン歓声入れまくるんですよ!!!歓声入れながらまたテンション上がるじゃないですか!?永久機関か!?

あっもう今日のチケット代回収しましたわ!みたいな気分なのにまだ始まって5分くらいなんですよこれで。おかしいな…
実質儲けでるわこんなん。最高。これぞ出稼ぎ。(???)

このさぁ、2人でダンス踊ってる時に目を合わせたり、タイミング合わせたりって、意識をこちらに振りすぎてない時の本田さんめっちゃ好きなんですよ…

客席に向けてファンサしたり煽ったりしてる本田さんもめっちゃ好きなんですけど…両方好きなんですけど見てて私のテンションの上がり方が違うというか…

客席煽ってる時は
ふぅ〜!!⤴︎ ⤴︎
って感じなんですけど、
共演者と楽しんでる感じだと
「ま、眩しい…!!」
ってなる…伝われ…いやまぁ伝わんなくてもいいけど…

オープニング曲、ワンモアタイムだったんですけどいや、あと25842684287回見せてくれ……………

次が振り返りトークコーナーでした〜!

(ここで本田さんが謎に振り返りポーズを決めるんですけど、じんくん「…なにしてんの?」本田さん「いや…振り返りだから…笑」みたいなことやってて、ゆるすぎてはちゃめちゃわろた。やってることはおもんないんだけど(こらー!)本田さんの構ってちゃんと共演者がそれをいなす様子がめっちゃ好きなので…すべり芸大好き(って言うと本田さんに怒られる))

中学時代のエピソードとか、色々面白い話聞けたなぁ〜

中学時代の本田さんの映像と写真が出たんですけど、あの、めっちゃ可愛いんですよ、ちっちゃくて

まじで小学生でも通じるレベルでは!?ってショタ具合…いやまじでかっわいい…あの写真売ってくれないかな…
出てきた瞬間まじで誰かわかんなかったし、今でもあのかわいいショタが今の本田さんになるのか…と…びっくり…生命の神秘(?)

あとは生徒会エピソードとかびっくりしましたね!初出!
ちゃんと選挙とかしたらしいんですけどその後のエピソードハチャメチャすぎてめっちゃわろた。

あとは男子中学生だな〜ってかんじのアホかわなお話もたくさん…男子中学生というのはすべからくおバカだと思ってるんで(ごめん)本田さんにもそんなおバカな時代があったんだなぁってほっこりしました笑
あんなかわいい子買い物に来たらむしろ500円とたこ焼きあげちゃうわ…

本田さんのご実家とじんくんのご実家で家族ぐるみで仲良いそうで、高校時代に本田さんより早く本田家に帰って本田さん母の炒飯(本田さんの晩御飯)を上裸で食べてるじんくんのエピソードめっちゃ好きです。
本田さん母に勧められたから食べたってことらしいんですけど、田舎で家族ぐるみの付き合いあると、あー分かる笑 ってなりますよね笑

あとはじんくん家のお菓子強奪する本田さんのエピソードとか笑

ほんとに、しょーもねー笑 ってなるんですけどめっちゃかわいいエピソードたくさん聞けました…

かと思えばびっくりするようなエピソードも…なんかアホかわな話だけ書いとくと怒られそうなんで(?)本田さんの武勇伝も残しときますね。

本田さん、中学はダンスメインで部活はあんまりがっつり参加出来てたわけじゃないそうで。
部活はサッカー部らしいんですけど個人的には帰宅部かパソ部のイメージある笑(ど級のインドアのイメージあるんで…)

あんまり部活出てないんでベンチだったらしいです。
で、中学総体の、これ負けたら引退って試合で、残り15分、0-3で負けてる場面で、チームメイトから本田さんを出してくれ、って声があがったそうで。
ここまで聞いた時は、あー負けちゃうから最後にベンチの人も試合に出してやろう的なあれか?って思ったんですよ。あるあるじゃないですか。
オチとしては本田さん出てから4-3で逆転勝利っていう少年漫画でも中々許されないトンデモ展開という…

まじで本田さんって何者なん…
持ってる人って印象が益々強まったのであった…
ちなみにこの話してる時に「いや〜自慢みたくなっちゃうんですけど…」って割とちゃんと(?)恐縮してたのに会場の反応に煽られて、俺に歓声を!みたいな感じで煽って来てたのめっちゃ好き…自分に自信のある男が好きなんですよ…笑

あと、ダンスの練習場所の話。
あっでもこれ多分このあとのシンクロクイズコーナーでの話だったかなまぁいいや。
昔地元で未成年がブレイクダンス練習できるようなスペースが中々確保出来なかったらしくて、児童会館を閉館後に借りて練習してたらしいんですけど、その代わりに掃除するので、って自分たちで管理者の方にお願いしに行ったらしくて。

いや、行動力すごいなって…

地元にいた頃からお二人いらっしゃるお兄さんやそのお友達に混ざって練習したり、ダンスイベントを開催したりされてたみたいなんですけど、やりたいことに対して自主的に外に向けて動くのってすごくないですか?
私は少なくとも中学生やそこらでそういうことしたことがないので純粋にすげえなぁ…って思いました。

あと、この話とは別に、じんくんが上京した時の話もされていて、当時大阪にいたじんくんを本田さんが2時間とか電話で説得した、ってことだったんですけど…

その時本田さんが言ってたのが
漠然と新しいことをはじめる、ってところにに不安を感じて尻込みしてるのが1番もったいない
って仰ってたんですね。

分かる、言ってることはめちゃくちゃ分かる。ド正論だと思う。でも、そう思って実際不安を飲み込んで行動に移せる人ってそれだけで才能だと思うんですよ。
私はそう頭では理解していても踏ん切りつかなかったことが何回も何回もありましたし、正直、出来ないからこそ、それを出来る本田さんにめちゃくちゃ憧れるんだろうなぁって思いました。

ここで、本田さんの言葉で実際に何かを変えるようなファンならいいんだろうなぁって思いますけど、私はやっぱり今の現状を変えるつもりはありません。リスクとかまぁ色々考えちゃうんですよね。保身的に。 だからこそ、私にできないことをやってる本田さんを見ていたいんだろうなぁと…

こういう話聞くと、あぁーこの人やっぱ人としてめちゃくちゃかっこいいわ…って思います。

まぁ振り返りコーナーの話はこんなもんにして、次がソロダンスコーナー!

個人的に3部のここがYIKKP1番高かった…

まずは、じんくんのダンス!
オープニングで踊ったような、音とリズムに重点が置かれたダンスって言うよりかは、曲の歌詞に合わせてお芝居みたいに踊るダンスでした。本田さんはあんまり踊らない系統のダンスだから見ててすごく新鮮だったなぁ〜
あとやっぱりじんくん動きがすごく綺麗。しっかりした筋肉に支えられたピシッと整ったモーションが見ててめちゃくちゃ気持ちよかったです。3部やって、3部とも割としっとりめの曲でした。
特に2部は本田さんが好きなRADの曲を「せっかくだかられおが好きな曲で」ってことで作ってきてくださったそうで…オタクエモさで死にますね…YIKKP追加…

本田さんの方は既存曲のアレンジだったんですけど、1部がメドレー風だったんですよね〜3曲くらい繋げてたのかな?楽曲アレンジ+繋ぎに音声入ってたりするんですけど、その音声も全部本田さんが自分で録って編集して作ったらしくて…?えっ何者なん…?
しかも2部はGEMでも使われた某映画のダンスナンバーアレンジで、これがまっっっっじでかっこよかった!!!!私インスト曲とかアレンジ曲とか、音に重心のある曲聞くの大好きなんですけど、曲そのもののクオリティ高すぎてびっくりした…音源欲しいよ普通に…くれよ…その発想も、「元々ストーリー性の強い曲だけど、それをダンスナンバーとして全振りしたらどうなるかなぁ〜って思って作りました!」とのことで…!?

なにそのポテンシャルの高さ!?

前々から共演者の誕生日プレゼントになんかの音源編集してプレゼントしてたり、自分で動画作って仲のいい役者仲間の作った音楽はめ込んだりしてましたし、それこそ告知動画とかも本田さん作ったって言ってたからそっち方面も強いんだろうなぁとは思ってたんですけど…ここまでとは…こないだ行ったライブのバンドアレンジよりクオリティ高かったわ…あのダンス1回しか見れないのまじまじ人類の損失だからどっかに動画あげて欲しい…本当に…

で、3部のソロダンスパートですよ。
1部2部はお互いのダンスのあいだは履けてたんですけど、3部は本田さん発案で舞台の端っこで残って見学になりました。
まずじんくんのソロダンスを披露して、次本田さんだったんですね。
本田さん1部と同じメドレーアレンジだったんですけど途中で1部と曲が変わったんですね。流れ出したのはHAPPY BIRTHDAY………
そう、イベントの前の日がじんくんの誕生日でして。1部からちょこちょこ誕生日の話は上がるんですけど本田さん割と雑に流してて、出、出〜照奴〜!って思ってたんですけど盛大すぎる伏線でしたね。

客席はひゃぁーー!!!ってなってるし、じんくんも!?!?!って表情の中、袖に用意していたプレゼント片手にじんくんのまわりをくるりくるり舞う本田さん…えっ…なにこれディズニーやん…?(?)

ダンス終わった後におめでとー!とお祝いしたあと、すっっっっげぇ嬉しそうに「うれしかったでしょーか!」って2回も聞く本田さん可愛すぎて「あっ無理しぬ」って口走りました。
じんくんも目元拭ってて、ま、まって〜だめ〜オタクが泣くから〜!ってなってたんすけど…
ずっと計画してたんだろうなぁ…本田さんサプライズ大好きだもんなぁ…大成功でめちゃくちゃ嬉しそうな本田さん見てるとなんかもうありとあらゆる悩みがどーでもよくなりました…YIKKP20倍キャンペーンです…
ちなみにプレゼントはサングラスだったそうです☺️

まぁなんか部関係なく感想書いてるせいでここがピークみたいな節ありますけど、このあとも引き続きコーナーがあります!

次がシンクロクイズコーナー!
まぁここはあまりにも一致しない2人の回答にゲラゲラ笑ってました笑
シンクロクイズだっつってんのに、お互いに寄せるという発想がなかったっぽくてわろた。
みかんとバリィさんはじんくんが悪い笑

トークのテンポがいままで見たことない感じで新鮮だったなぁ〜まずじんくんがつっこむ!笑
あっ、関西ノリだ笑 って新鮮でした笑

本田さんも伊予弁ゴリゴリに出ててめちゃくちゃかわいい…〜やけん、とか〜しとるやん、とか?ごめんなさいド級の東日本人なのでちょっと怪しいかも!

大阪弁よりかなり柔らかいイメージでしたね〜素の本田さん、割とふにゃふにゃした喋り方(発言内容はまた別)するんでなんか…かわいい…ふわふわしてちいさくて愛くるしいものを…見ているような…かわいい…1匹欲しい…(推しをこんな数え方してはいけません)

あっ待って、質問コーナー飛ばしたな?どこだったっけあれ…ソロダンスの前か?
シンクロクイズはLINEオンエアでの事前募集、質問コーナーは会場での投書形式でした!
そこも色々面白い話聞けたなぁ…ここに関しては具体的な記憶が吹っ飛んでるので割愛します。もしかしたら振り返りコーナーで書いた話してたのこの辺も含めてかも。めんご。

シンクロクイズも質問コーナーもそうなんですけど、イベント通して本田さんがMCも兼ねてて、タイムキーパーもやってたんですね。
で、まぁ適宜進行していくわけなんですけどこのふたつのコーナーの時、
「まだ…いけるか!?いけますね!あとラスト2個いきましょう!」
とかやってくれるの好きすぎません?

多分ファンから集めた質問だから可能な限り答えてあげたいってことなんだろうなぁって…

質問コーナーもシンクロクイズも、
「たくさんの投稿ありがとうございます!全部!読ませていただきます!」
ってしっかり伝えてくれるのもめちゃくちゃ好きなんですよ…

そういうところなぁなぁにしないのは本田さんのファンとの線引きがしっかりしてるからこそぶれないところなんだろうなぁと思います。当たり前っちゃ当たり前なのかもしれないんですけど、当たり前を当たり前にしてくれる本田さんが好きなんですよ〜伝われ〜!


そして本イベントメインと言ってもいいであろう、ダンスバトルのコーナー!
ガチのヤツです。
YouTubeとかでダンスバトルとかで検索かけると出てくるタイプのガチのダンスバトルです。
曲はスタッフさんチョイスでランダムに3分間流れてその間本田さんVSじんくんで踊り続けるんですけど…それがさぁ…最高なんすわ…
ダンスそのものも凄まじい上に、個人的にYIKKP高かったのが煽り。
いくつか煽りの意味によってハンドサイン的に意味があるらしくて、その辺教えてもらったり、お互いのダンスのタイプの説明してくれたり…

あー先にダンスのタイプの話したい!

じんくんがパワームーブ(であってる?)と呼ばれる、いわゆるブレイクダンスっぽい大技をゴリゴリ決めていくタイプ。
本田さんがリズムスタイラー(であってる!?)と呼ばれる音に合わせて細かく動くタイプ。
ってことだったんですけど…
この時に1個めちゃくちゃ納得したことがあって。
本田さん、舞台でやるダンスの音ハメが異様に上手いんですよ。私が本田さんのダンスすきな理由のかなり大きいところを占めてるんですけど…もちろん振り付け自体が音ハメを意識して作られてるもんだとは思うんですけど、たった一瞬の音ハメに全く隙がなくて、本当に気持ちよくハメてくるんですよ…
本人宛ての手紙にも本田さんの音ハメ死ぬほど好きって書いたくらいだったんですけど…
ルーツはここか!!!!って!!!!!
事前の説明の通り、やっぱり本田さんのダンスはゴリゴリに音ハメしてきてて…曲を音として捉えるタイプの人間としてはそこにハメてくるダンスなんて、見てて楽しくないわけが無い…

まぁ!本田さんのダンスの魅力はそこだけじゃないんですけどね!ふふん!(誰?)

とはいえ、めちゃくちゃ好きな音ハメのルーツはここかぁ〜!!!!って知れたのと、実際にダンス見れたの本当に良かった〜!!!

ダンスバトル自体もめちゃくちゃ盛り上がって、私ずっと歓声入れてた気がする…ここもなんだけど、全体通して歓声入れるタイミングありすぎてまじでドリライか?ってくらい疲れた…
座りっぱなしでキンブレも持ってないのにな…喉はドリライレベルでやられてた…

技が決まったら歓声を入れ、ふと踊ってない方見るとやれ目線が、やれ同じ技がってめちゃくちゃ煽ってて、根がヤンキーな身としてはめちゃくちゃアガるし、何なら直に相手に詰め寄って煽ったり、ダンス中に客席煽りまくったり…うっ…最高すぎる…YIKKPボーナス

言葉にしても伝わんないだよなぁ…映像に残ってて1番感じとして近いのはチアステのアンコールパフォーマンスですかね〜あそこの本田さんの客席煽りは本当に最高。全体的なノリもあれに近かったかな〜

多分今回のダンスバトルも、イベント用にアレンジされてるものなので実際の大会とかとはまた違うんだと思います。たしか一対一だと3分間は普通やらないって言ってたし…
お疲れ様でした…

ちなみに、今後お互いが気まずくなるということで勝敗は出してません笑
盛り上げて盛り上がったモン勝ちだからみんな勝者!(まとめるのが下手)

で、楽しい時間も終わりが近づき
\え〜!!!!!!/
ラストダンスですね。
ただ盛り上がって終わりにしないのが本田さん…
客席に簡単だけど簡単じゃない振り付けを用意してました。
まずは客席を上下に分けてレクチャー。

ちなみに1部の時に、オタクは黙って説明聞いてたのに、こっからこっちがれおチームです!の説明を黙って聞いてたオタクにご立腹だったみたいで「…嬉しくないんですかぁ!?」って言い出したのむちゃくちゃ過ぎてわろた!
2部からはオタクが率先して声出ししてました。学習能力が高い本田さんのオタク。若干びっくりするのやめて!自分で煽ったんでしょ!笑

ダンスの振り付け自体は曲のフレーズに合わせての簡単なものだったんですけど、そのフレーズがダンスアレンジかかってるんで変則的に入るんですよ〜そのタイミング狙いながらフェイントに引っかかりつつ一緒に踊るんですけどゲーム性が高い笑
本人も音ゲーって言ってたしね笑

3部で本田さんの思いつきで振り付け変えられたんですけどその一発目で本田さんが間違えてて、客席のオタク達が一斉に本田さん指さしてm9(^Д^)してたの民度死にすぎててハチャメチャわろた〜本田さんのオタクのこういう所めっちゃ好き〜私も「はーんまちがえてやんの〜!」しました笑
その後のフェイントのタイミングで新しい振り付けついていけずに崩れるオタク見て本田さんが「ひっかかった〜!」って喜んでて客席VS本田さんがすごい。愉快。

でまぁラスト2人でゴリッゴリに踊って終わりです!

上手いなぁって思ったのは告知動画のダンスをここで入れてきた事ですかね!
一緒にダンス踊ってはしゃいだ直後に、あっこれ!ってなるのめちゃくちゃテンションあがります!

あとダンスの後にトークなしで、本当にダンスのラスト決まって「ありがとうございました!」で終わるので、ダンス見ててぶち上がったテンションそのままに終わるんですよ〜楽しいのピークのままイベント終わるので会場出てからもずっと楽しい。すごい。

まぁこのあとお見送りもあるんですけどこんなテンションで参加したらそりゃもう「楽しすぎて死んじゃう!」とか口走っちゃう。仕方ない。人間だもの。

あとはTwitterの方に細々投げてた感想もあるんで、気が向いた人は見てみてください。(@suica54321)
特にまとめたりしてないから遡ってもらうことになりますけど…

いや〜にしても本当に楽しいイベントだった!

ここまでゴリゴリに踊ってくれると思ってなかったですし、たまーに2人で打合せしてるっぽいツイートはされてたんですけどこのイベントの為にかなり時間割いてくれてたみたいで…

本田さん前の日にこんなツイートされてまして。

これ、小学生の遠足前夜的な意味かな〜って思ってたんですけど…まぁそれもあるのかも知れませんが、イベント中に「前日に突発の変更があって、それの対応してた」みたいなことを仰ってて…朝は4時起きだったそうです…
えーーーーー…本当にお疲れ様ありがとうございますすぎて…

イベント参加してて思ったのは、多分本田さんって「人を喜ばせるなにか」をしたり作ったりするのが好きなんだろうなぁって。個人的な印象ですけどね。
じんくんのバースデーサプライズもそうですし、イベントそのものについても、企画だったり構成だったりが、多分見に来てる人をどう楽しませたいか、がすごくはっきりしてるなって印象でした。

例えば構成とかも、ダンスとトークと交互なんですよね。ダンスに関してはオープニング、ソロダンス、ダンスバトル、ラストダンスで4曲ですよ…ソロダンスはそれぞれ2種類ずつ(本田さんは3部のバースデーアレンジも含めると3種)用意して来てくれてて、もちろんそのどれもがこのイベントの為に曲から振り付けから準備してくれてて。(ダンスバトルはもちろんアドリブですけど)

自分が見せたいものを披露するって言うよりも、披露したらファンが喜んでくれる、盛り上がってくれるもの、って考えで用意してくれてるように個人的には感じました。
本田さんのダンスの煽りが好きなのもその辺関係してそうだなぁって。
見てる側との気持ちのやりとりがすごく上手い人だと思います。楽しませたい、って気持ちを感じるからこそ、楽しいよ!って歓声だったり手紙だったりで返したくなるんですよね〜…

今回、編集だったり企画、振り付けと、いままで見ることのなかった本田さんのスキルを見ることになったわけですが、本人はこともなさげなんですよね。
単なる情報として、「これ僕が作りました〜」とかってサラッと言うんですよ。あまりにもフラットに言われるから「へ〜…………ん!?」ってなります笑
なんかその辺見てても、本田さんにとって、観客って自分が持ってるものを魅せる対象って言うよりは、観客を喜ばせる為にできる限りのことをしたいっていう風に向き合ってくれてるのかなぁって。

そう考えると、舞台俳優ってすごいぴったりの仕事なんかなぁとか考えてみたり。本田さんは特に最近ショー系が多いわけですがさもありなん。ぴったりだし、だからこそ見てて楽しいんだろうなと。
私が感じた本田さんの「人を喜ばせる」ことが好き、ってのがあってれば、言い方あれですけど需要と供給が完全に一致しますからね…最高だ…

本田さんご自身が役作りなりダンスなり、かなりこだわりが強いタイプだろうな、って言うのは見てて思ってましたけど、その方向性があくまで観客に向いてくれてるからこそ、独りよがりにならないでこっちの気持ち持ってくんだろうなと…

まぁたかが一個人の思ってることですのでこれが正解とか不正解とかじゃなくて私の解釈のひとつとして捉えてください。
その辺をすこし掘り下げて考えてた時に、本田さんのその「観客を喜ばせたい」ものづくりについても、気持ちの重点が観客ではないんですよね。うーん上手く伝わるか分かんないんですけど、「観客を喜ばせることが好き」って印象なんですよ。「観客のために」って感じじゃなくて。何が違うんだよって言われると言葉遊びみたくなっちゃうんですけど…
観客のために、って押し付けがましい感じもないし、かと言って表現者にありがちな、自分を分かってくれる人だけ分かってくれればいいって感じもない。その距離感がすごく気持ちいいし、実際楽しませたいって気持ちだけじゃなく、本当に作り上げたもので楽しませてくれるんですよ。

伝わるかなぁ〜…語彙力が乏しい…

まぁあくまで、私個人の印象ですって言うことを重ねてご理解ください。
この考えを強要するつもりはありません。ただのいちオタクの感想ブログですので…
なんか、そういうのを私個人としてはすごく感じて、改めてすげえ人だなこの人って思いました。
1番好きなのはお芝居してる本田さんなんですけど、役者って括りじゃ足りないくらいこれから色んなことしてってくれそうだなって思いました。

なんだかまた取り留めもなくダラダラと長いばかりのブログになりましたが、なんとなく書きたいことは一通り書いたので今回はこの辺りで終わろうかと思います。記載の内容についてなにかありましたらコメントかお題箱にでもください。

今はぼちぼちエーステの稽古も始まったらしく、本田さんの新規絵がこまめに投稿されてはっぴ〜です☺️

いま2次元のオタクもしてるので次の更新いつになるかは決まってませんがまた気が向いたら更新します〜

ここまでお付き合いいただきありがとうございました!最後に感想書いた時の手紙の封筒の写真載せときます。枚数かさみすぎて普通に送れなさそうだったのでレターパックで送りました…笑

それでは皆様も良い推し事を!

推しの現場がいつも楽しい話。

どうも、年度初めからまともに会社に行ってません、ねもとです。まぁうちは別に年度始めではないんですけど!

いやぁまさか日比谷通いする日が来ようとは…何日か前にミッドタウンオープンらしいけど、人がすげえ!以外の興味がなくて行くことなく終わってしまった…

すっかり久しぶりの更新になりましたが本田さんの出演舞台GEM CLUBIIに通っております!

玉野さんの脚本合わないんだよな〜…って不安だったんですけど、今まで見た玉野さん作品の中で1番作品のノリがハマった気がする〜!楽しい〜!!!
1幕とかあっという間すぎてびっくりする…体感30分くらいで終わります。

聞いてた通り、とにかく歌って踊ってのショーステージでした〜!楽しい!
1幕はストーリーメイン。初演から、原石たちは各々羽ばたいていき、残ったのは玉野さん、原田さん、中河内さんの3人のみ。そこへ新オーナーの壮さんがあらわれ、新メンバーをスカウトしに奔走します。
2幕は集まったメンバー達によるショーステージ。正直楽曲同士の繋がりがほぼ皆無なのと、1曲1曲で見せたいものがガチガチに提示されてくるので、ショートショート見てる感覚に近いです。ここで見せたいのはこれ!ばーん!って出されるから余計なこと考えずにステージパフォーマンスに集中出来ます。

そんな感じの本作、本田さんのパフォーマンスが最高なのは見る前から知ってたものの(?)、共演者がすごい。

本田さん以外だと特に目を引かれるのが中河内さん、原田さん、壮さん、木戸くん。

中河内さんは何作か出演作見てましたが改めて見るとダンスほんっとに凄いですね…ひとつひとつの動きがすごく綺麗で手足が長いからまぁそれが映える映える。しかも歌もうまい…立ち振る舞いやらも絵面が完成されててかっこいいの擬人化だと思います…
足が長すぎて袴がイマイチ似合ってないの罪深いな…いやかっこいいんですけど…
メインテーマのドセンで踊ってる時のかっこよさがやばいし、ジャズに合わせての白ジャケ+ハットのダンスは本当に贅沢な気分になる。

原田さんは気づくと面白くてやばい。
原田さんに笑いすぎてだいたい毎回死ぬ。
なのにダンスすごく綺麗だし、何より歌が…
帝劇とか宝塚とかそっち方面の方のお歌って、「声楽」って言うだけあってもはや楽器的ですよね。声そのものだけで曲を作り上げてる感じが聞いてて本当に気持ちいい。
なのに面白い。原田さんは体型ネタがちょこちょこあるんですけど私はいまの原田さんとても好きです…(?)
お顔もとても綺麗なので#原田優一10kg減量(エイプリルフールネタ)されたらかっこよすぎてずるい。今もかっこいいですけど!(なんのフォローなのか)

壮さんは本当に美しい。
壮さんの見せ場は本当に一生壮さん見てしまいます…
お顔もとても美しいし、立ち姿も、踊る姿もとにかく美しい。美の擬人化。
宝塚は浅学ながら拝見したことがないのですが、宝塚出身の方は何人か見てて、共通されてるのが、「惜しみない努力の上に成立している美」を感じるところなんですよね…あくまで私個人の感覚ですが…
天性のスタイルとかお顔とかもあるんですけど、そこから鍛え上げられた美を纏ってる空気がめちゃくちゃカッコいい。女が惚れる女性。かっこよさが分かるだけにヅカはハマったら怖そうだなぁ…笑

木戸くんは記憶にあるのがママ僕なんですけどあれはネルケのトンチキ舞台(褒めてる)だったからパフォーマンスがどうのとかって状況じゃなかった。脳が溶けてた。
改めて見るとダンスに感じる熱量がすごい。全力めいっぱいのパフォーマンスを毎日見せてもらってて、気がつくと目で追ってます。
東山さんと絶叫するシーン毎回笑い死ぬんじゃないかと思ってるんですけど、なんとか生きてました。良かった。
This is me とメインテーマのダンス本当にかっこいい!役柄的にも体格的にも活発にかわいい、ってイメージが強いんですけどダンスが始まるとストレートなかっこよさが前面に出てきててときめく…

いや、特筆した4人以外もかなり凄い。

ダブルキャストの女性陣2人はもーかーーーーわいいーーー!!!

みもりんはくるくるツインテがキュートで30代とかうそだろ…って…10代余裕…かわいい100%すぎ…
オタクの血がみもりんかわいいと叫んで止まない。

がきさんはさすがのハロプロ。ダンスのキレもすごいし、「会場を盛り上げる」パフォーマンスがめちゃくちゃうまい。コールの煽りとかそういう所とはまた違う、歌詞の歌い方とかダンスの踊り方が「魅せる」ことに超特化している印象。無心で魅入って楽しめる。This is me直前でフード外された時に真っ赤な口紅のロリ顔が出てくるの、とても性癖です。

多和田くんは持て余しそうな程の長い手足でゴリゴリのダンスを踊るし、とにかく顔がいいから一つ一つのポーズがめちゃくちゃ様になる。動くブロマイド(?)
あのピンクのスーツ似合うのやばくない?吉良吉影かよ。

古田くんも、今回1幕でかなり色モノ的な配役されてますけど、相変わらず一切の妥協なく全力投球で演じてて本当に見てて清々しい。躊躇も戸惑いも一切感じさせない彼のパフォーマンスは古田くんだからこそだなぁと…
東京楽の挨拶で「色んなものを乗り越えてここに座り続けてくださった皆様、今日会場に来てくださった皆様本当にありがとうございます」って挨拶、古田くんのオタクじゃなくても泣きそうになった…まぁこのあたりの話はまた別の記事にでもします。気が向けば。
古田くんのどこまでも現実的にめちゃくちゃ上を目指し続ける姿勢が本当に少年漫画の主人公みたいにキラキラしててかっこいいなぁと思わされます。

東山さんは公演始まってしばらくしてからHoney L Daysの方って知ってびっくりしました。歌唱力おばけ。ダンスもタッパがあるから映えますよね〜!さだまさし最高。
ワークショップ(日替わりネタ)の東山さんの歌唱力ゴリ押しでオチがつく展開が好き笑
ゴリ押しっていうか、発想のセンスがめちゃくちゃ好き。お父さんは山でしばかれました。死ぬほど笑った…

そして何より玉野さん。
玉野さんご本人を拝見するのはクラセン10thぶりかな…?
初演見てた友人には初演に比べるとだいぶ出番抑えてるとは言われたんですけど、これで!?ってレベルで出突っ張り。
お芝居パートは特に、玉野さんを中心に物語が展開していくわけですが、軸がしっかりしてるからどんなしっちゃかめっちゃかが起きても安心してみていられるんですよね。玉野さんがいる時の安心感がすごい。勝手な推測ですけど、カンパニーの安心感がそのまま反映されてるのかなぁと…玉千代見たあとに総支配人みると、同一人物…!?って脳が混乱します。
地味にかしこまりりっ!が私の中でプチ流行してます。

さてさて、本田さんより先にお話してしまうほど他のキャストもかなり魅力的な本作ですが、当ブログは本田さんのオタクが書いておりますので本田さんの話しますね!!!わくわく!

まずキービジュアルが最高。(そっからか)
めちゃくちゃカッコいい。
めちゃくちゃカッコいい。
めちゃくちゃ。
カッコいい。

大事な事なので何回でも言います。
めちゃくちゃカッコいい。
ビジュアル好きすぎてスマホケースにしました…

まさか自分がするとは思わなかった…はーかっこいい…
本田さんの見どころとかもう全部としか言いようがないんですけど、わざわざブログにする意味無さすぎるんで、ない脳みそひねり出して書いてみます!

まず1幕が、多和田くんとコンビでの出番。
衣装がね〜!!!可愛いんですよ〜!!!!!
なんで靴下にボトムの裾入れてんだろって思ったら裾がゴムのタイプのオシャレボトムだった…はっず…
大阪弁がいい感じに似非っぽくてかわいい。(褒めてる)(褒めてる)
こと本田さんに関しては、多分イベントの時のゆるめの話し方での関西訛りに慣れてるから舞台発声での大阪弁を私が聞き慣れてないのかな〜
本田さんの現場、手拍子は大体毎回するし、追加してコールとかガヤとかあるから自分も他の人も沸いてるのしょっちゅう見るようになったんですけど、がうちさんを煽る時の本田さんの「ふぅ⤴︎ ⤴︎!!!」がめちゃくちゃオタクでわろた。かわいい!!!私もよくやる(?)
5分くらいの間に
衣装とヘアセットかわいー!!!!
変顔やばーい!!放送事故じゃない大丈夫!?(ただし死ぬほど笑ってる)
ぎえーーブレイクかっこいい無理…(無力感に崩れ落ちる)腹筋!!!!(急に元気になる)
ひぇえ…多和田くんと本田さんがゴリゴリダンス踊ってる…最高…
って言うのを一通りやるのでめちゃくちゃ忙しいです。楽しい。
ダンスシーンでっおい!っおい!って煽り入るんですけどがうちさんに「ほら!なんか!面白いこと言って!面白いこと!」って野次(?)飛ばされてた回はめちゃくちゃ笑いましたし、「おっおもしろい、おもしろいこと!?えっ!?なんだろ!?えっ!?」ってなってる本田さんベリーキュートだった…イベントで無茶振りされた時の本田さんだった笑
ゴリゴリダンス踊りながら喋ってるからよく舌噛まないなぁと思いつつ爆笑してたので忙しかったです。本田さんの出番だいたいメンタルが忙しい。

次がドラマかなんかの撮影現場でのエキストラのシーン。
まさかの忍者で初日思わず撃沈したんですけど、他にも至る所で撃沈してる様子を感じたのでおそらく本田さんのオタクの皆さん…笑
エントリにもしましたが、直前の舞台が「伊賀の花嫁2」で伊賀の忍者役だったので笑
伊賀の花嫁ではモブの時しか忍者衣装着ませんでしたが、今回はガッツリ忍者衣装です。
若手組の多和田くん、本田さん、松田くん、木戸くんでウォーミングアップ曲があるんですけどひたすら筋トレと早口言葉のオンパレードで、それを東山さん演じる監督が煽って煽って煽りまくる笑
監督と木戸くんで絶叫してるところ毎回笑い死ぬ。
本田さんの困り顔の表情の作り方がめちゃくちゃ好きなのでこの曲本当に好き笑
監督にドヤされてはい!って返事するところも割かし、あいっ!気味になってんのはちゃめちゃかわいい。女児じゃん…(かわいいの最上級)
ウォーミングアップ曲のラスト、整列して「赤カピバラカピバラカピバラ」の早口言を言うんですけど、まぁそんなの推しが言えてるかどうか毎日ツイートして記録残しちゃいますよね!笑
最近勝率上がってきてます。序盤言えてなかった時とか、アメリカのホームドラマ的な、あぁこりゃだめだ🙄みたいな顔するもんだからリアルに「ぎゃははは!」って笑ってました。誤魔化してドヤ顔する時とかもあって、「いや言えてないからwwwwww」って笑い死にます。
成功するとフゥ〜!してしまいます笑
成功した時のドヤ顔がまじクソドヤ顔で若干腹立つ〜はらたつのり〜笑 ってなりますがドヤ顔の本田さんはめちゃくちゃかわいい。(それは壮)(本編ネタです)
伊賀ミュ(勝手に命名)(我ながら絶妙なネーミングだと思う)(見てくれれば伊賀ミュ感伝わる)パートでは殺陣もあるんですけど、本田さん普通のサイズの刀の得物なのに逆手なんすよ!!!(友達が脳内に木手さんが降臨するって言ってしばらくはわたしも木手さんが降臨してしまった)
伊賀の花嫁でも得物逆手でしたけどあれは短刀だったし…今回竹刀くらいの長さの普通の刀サイズなんですけど珍しい扱い方するなぁと…まぁでも順手っていうか上から普通に構える形って重心下に落ちてた方が綺麗だし、逆手の方が本田さんのアクロバット映えるんだろうな〜色々考えられてるんだなぁ〜って1人納得してました笑
学生時代の竹刀(剣道部でした)がまだ実家にあった気がするから今度実家に帰ったら弟相手に本田さんごっこしちゃお!(発想が中学生男子)(一応20代社会人女性)
古田くんとの殺陣見れたのも嬉しいし、松田くんとの殺陣がスピードもあるし迫力あってめちゃくちゃ好き!かっこいい!
カット入ったあとの玉野さんの日替わり無茶振りと原田さんのぶっこみが毎回笑うんですけど、それを見た他キャストが一斉に後ろ向くのもめちゃくちゃ笑う。忍者組は撮影中は口元を隠す布があるんですが本田さんゲラがちなので割と戻すの早くてかわいい!!!!でもめちゃくちゃ肩が揺れてる笑
たまにがうちさんに、何笑ってんだよ笑 って感じで布外されちゃうのもかわいい。可愛がられてる推しがかわいい。最高。

伊賀ミュのあとはみんな大好き(?)ワークショップのお時間〜!フゥ〜!!!
スカウトしてきた若手を集めて、ワークショップを通しての入店試験的なものをやります。
ワークショップの内容は何パターンかありますがお題は日替わりですし、とにかく若手の試練の場って感じがすごい笑
割と巻き込まれる経営陣もめちゃくちゃおもろい。
順番に並んでー!って指示からスタートなんですけど、まぁ並び順から既に性格が出る笑
今のところ本田さん前か後ろに絶対誰かくっつけてるのでトリを頑なに避けてます…笑
本田さんにトリやって欲しいな〜とは思うんですけど、松田くんの破壊力が凄まじすぎて本田さんじゃなくても彼を超えてくのは至難の技だと思います…笑
松田くんのメンタルの強さがやばい。何者なんだろう…笑
即興ミュージカルとか、即興ダンスとか、エチュード風のものもありますが、歌ネタになると露骨に表情の曇る本田さんにも注目です!←Look!!
で、無事入店の決まった若手と経営陣で1曲入って1幕終わりです!
その曲の歌詞がまた素敵なんですよね〜
記憶の限りで書き出したのではっつけときます。

これ、1幕スタート時点のオーナー含め4人しか店にいなかった時にも歌うんですが、1幕ラストに若手含めて盛大に歌い上げるの最高ですよね…サビの振り付けも4人だったのが11人ですからね!!!若手はジャージだし、経営陣も私服な訳ですが、そのバラバラな人達が一斉にこの歌詞歌い上げるの、なるほどブロードウェイ的な、フラッシュモブ的なワクワクが詰まってますよね〜!!!今回やっとこ玉野さん演出の魅力を理解出来た!!

さて、2幕の話もしようと思ったんですけど思ったより長くなっちゃったのと2幕は既存曲使ってるんでまとめるのは千秋楽終わってからにしようかな〜って思ってます!笑

しかしエントリ自体はまだ終わりません!
自分用に各種動画やらネット記事やらまとめたくて…笑


↑↑↑なぜか突然ご褒美を投下された本田さんアクロバット動画🌸🌸ゲンちゃん愛してるよ!最後、めくれ上がりすぎて「ああっ…はずかしっ…」っていう本田さん、プライスレス。億千万の瞳。(?)


↑↑↑本田さんの意気込み動画。何言ってんのか1個もわかんねぇのに何言ってるのか大体分かるからすごい。語彙力の向こう側を見せてもらった。改めて見ても何言ってんのかさっぱりわかんないけどめちゃくちゃ笑顔になる…笑
ちなみにこのトンデモコメント、案の定引きずられまくりました笑


↑↑↑本田さんの次に動画が上がった中河内さん。突然のビリーエリオットわろた。ちゃうやろ!は多分本田さん笑 なんか食べてる?
本田さんより力の入ったぐっ!!!!ですね。


↑↑↑東山さん。ぬっ!ってなにwwwwwwww


↑↑↑多和田さん。個人的に本田さんパロの中で一番好き。ぐーー!!!!!でぶはーーーーーって笑います笑


↑↑↑あのがきさんまで…笑


↑↑↑推しとみもりん、奇跡のコラボ(?)


↑↑↑帝劇俳優ですら!!笑
最後のお顔に手を当てるのとても可愛くて好きです💗💗

壮さんはさすがにとても素敵なコメントされてましたね!笑


↑↑↑同じく本田さんパロに巻き込まれなかったというか、どこまでもゴーイングマイウェイ、そう俺こそが最高のエンターテイナーだぜ、古田くん。こういうとこめちゃくちゃ好き。最後の投げキスで沸いちゃう。

本田さんナイズされてたのはどうやら初日撮影組ですかね?笑
本田さんがいじられ倒したのでとてもホクホクしてます☺️☺️ありがとうございます!!!(?)


↑↑↑ぴあのゲネ記事。写真がたくさん!


↑↑↑メインテーマ
ぴあの記事でも写真がありますがあの青のライダース着てゴリゴリにこれ踊るの最高すぎて脳溶けます。


↑↑↑公式企画で各キャストが折り紙をおる動画。エイプリルフールの時の公演で、「嘘をついてください」ってテーマなのに「僕今Tシャツ前後ろです(ガチ)」って言っててんやわんやしてたら玉野さんに「普段嘘ついてる人はこういう時に嘘つけないんですねぇ笑」って言われてて死ぬほど笑ってしまったし、こういうスルッとした意味の無い嘘つくよね。そういう所がめちゃくちゃ好きです!!!なんやねん折り紙の達人って!!!2枚目も遊べるドン!?
おしえてくだしゃい…(´・ω・`)笑
が女児すぎ…くっ…


↑↑↑東山さん回にガヤを入れる本田さん。イベント会場の本田さんのオタクだいたいこんな感じだよね。


↑↑↑笑い声がでかい本田さん(1687264%お前が言うな状態)楽しそうでかわいい。


↑↑↑TLを震撼させたKess動画。本田さん大体ゲラだからこの手のカッコつけ途中で吹き出しちゃって可愛いんだけど、今回最後まで昭和のバタ臭いハンサムテンションなのでおもろい。kessってなんやねん。会場で見てきたんですけど大盤振る舞い過ぎてテンション上がってしまい私も客席から本田さんに向かってバズーカ撃ちました(?)


↑↑↑ちなみに本人からのコメントと


↑↑↑それに対するFGOで共演した山口大地さんからの簡潔かつ全てを表したリプライ。本田さんTwitterはスルーしてたけどLINEとかでいじられてそう。笑

GEM関連はこんなもんかな!
そういや、しばらく更新サボってるうちに本田さんのお仕事がぼんぼこ決まってます!!!
5月にイベント系2本!
幼馴染の蒼木陣くんとのイベントー!!!✨✨😭😭😭💪💪💪💪

まさかの大阪のみびっくりしましたが陣くんが前の日大阪でイベントの兼ね合いみたいなので私もはしごしようかなーどうしようかなーって思ってます!
だんすあんどとーく…最高…ありがとうサンミュージック…愛してるよ…

5月はおれんじイベ入ったので以心伝心ないかなーと思ってたらまさかねじ込んできてびっくりしました公録やります!!!!

なんか沢山企画あってめちゃくちゃ楽しみーー!!!!!いやぁ番組始まった当初は正直ここまで続くとは実感してなかったからコンスタントに公録出来てるの凄いですよね〜オールナイトはよはよ!!!

あと去年私がここで論文のような感想エントリ書いてた星屑バンプ、再演にも本田さんの出演が決定しましたー!やったー!私も信じられないんですけど、この時点で本田さんのオタクの人は11月までほぼ毎月現場があることが想像されます…期間的にはエーステ東京→京都→星屑バンプ→エーステ凱旋で11月まで予定埋まりました!スケの埋まり方的に気分的には夏終わったくらいのつもりなんですけどまだ春始まったばっかなんすよね!!!あれーー!?!!?
今回地方公演もあるようですし、まさかのりょーちん追加嬉しすぎて…本田さん宛の手紙でりょーちん追加の喜びを2枚くらい書いた…😭😭何が起きるのか楽しみだなぁー!!場数で言うと若手の中でダントツだから絶叫面白いことになる🌸🌸🌸


あとこれは発表されたてほやほや。
LINE LIVEってあのLINE LIVEですよね…?
TLのオタク達は大体「本田さんが若手俳優っぽいことしてる」ってびっくしてましたし私もびっくりしました笑(いや、若手俳優なんですけど)
前々からやってみたところに機会が出来たので、ってことらしいんですが、普通に初耳で「そうなの!?」ってまたびっくりしました笑
いや放送自体は嬉しいですし、やってみたかったって言ってるの特に疑ったりとかじゃないんですけど、そもそも本田さんとLINE LIVEが繋がらなさすぎて脳が混乱している…笑
古のアメスタよりかは良心的なシステムだったと記憶しているのでまったり楽しもうかな〜って思ってます☺️☺️

あっあと無事?エーステ行けます!何がなんでも欲しかったところは抑えられたので本当にほっとしてます🌸🌸

一応お問い合わせフォーム的なあれでお題箱は明けたのでなんかあればそっからどうぞ〜!

明日はとりあえず荒れ放題の部屋を片付けるんだ…

来週の大阪楽しみだなぁー!!でも終わらないでーー!!!!!

それでは皆様も良い推し事を!