夢は劇場で見る

愉快なオタクブログにしたい

手紙について

前〜〜〜にはてブロで流行ってたやつ、面白そうだったので聞かれてもいませんが書いてみます!

テンプレート?まで持ってくるのめんどくさいので覚えてる範囲で思ったままに書いてみよっかなって思います。

当時、枚数が多いことについて読む方の負担考えたら非常識みたいな意見読んでわりとガッツリ凹んだの思い出しました…笑
とりあえず明言しておきたいのが、枚数が多い、少ないから偉いとかどうのとかは考えたこと無いです。長くてすみません!は伝えてる。そこは本当に申し訳ない。

あとは読むかどうかは好きにして〜!って感じです。
私自身読み返してみて何も中身ないな〜って思う時あるし基本的に「書きたいだけ」。内容は後述するけど、書くことが楽しいんで、劇場でプレボに突っ込むなり、ポストに投函するなりした時点で私の中では終わってます。
受け取りました!とか、大切に読みます!とか報告してくれるのはとても嬉しいけどね!

まずは外面から!

 

〇封筒
出し始めたばっかの頃は割とマステとかシールとかでデコデコしてたけど(これもデコデコする作業が楽しかっただけ)、頻繁に出すようになってから

(キャラ名)役(名前)+様

を太めのペンで書いたり、いよいよ時間無い時は手紙書いたのと同じペンでそのまま書いちゃう。
誰宛か分かればいっかなって…
かわいいデコレーションしてる封筒とか凝ったデザインしてる封筒みるの好きなので皆さんどんどん見せてくださいお願いします!
役名書くのはテニミュの時に受付が学校別だったりしてたから…なごり…
封筒自体は箔押しとか特殊紙、特殊印刷とかにトキメキがちな元同人界隈出身(本は出したことないです)
ここ1年くらい便箋固定にしてるので便箋入るサイズの封筒なら可愛ければなんでもいいや〜って感じ!
キャラものも可愛いとは思うけど自分のキャラじゃ無さすぎてあんまり使ったことない。でも前に買ったマイメロのやつ、めちゃくちゃ便箋多くて書ける量も多かったからサンリオも侮れない。
季節モノで公演中は揃えたりしてみたり、普通に使い切れてなかったやつ引っ張り出したりしてる。
封は封用のシールで止めるだけにしてます。
糊付けは開けにくいだろうなっていうのと、水分で封筒が歪むのがあんま好きくないのと、めんどくさいのでやりません。

 

 

〇便箋
便箋<B5> MDクリーム (20443006)★レター関連商品よりどり3点以上送料無料 6/29(木)まで★ 20443006 http://www.midori-store.net/SHOP/20443006.html

これ使ってる。
紙面が滑らかで、デザインもシンプルで、適度にしっかりした紙なので筆圧鬼の私でも使いやすい。
友達が使ってるの借りてそれから同じの使わせてもらってます。無くなるとまとめ買いする。
ここのメーカー、これ以外にも封筒とレターパッド別売りしてくれるし、デザインめっちゃオタク心くすぐるし凄くお世話になってる〜!好き〜!ロフトによく置いてあるよね。
1回で書く枚数が多くて便箋10枚セットとかだと半端に余って2回分回せないし封筒がめちゃくちゃ余ることになるのでレタセ買わないようにしてます。文具大好きなので可愛いの見ると欲しくなるんだけどね…でもポルジョはまじで可愛くて誘惑に負けた。

 


〇ペン
SARASA0.4 ネイビー
ずっとこれ一択
物理的に重くなりがちな手紙を出してしまうのでパッと見の印象だけでも少し柔らかくなるかなぁ!?って全く意味の無いこだわり。
あと真っ黒よりカラーインクってなんかシャレオツな気がしません?
ジェットストリーム使ってみたこともあるけどあれは引っ掛かりが強すぎて筆圧も握りこみもつよい私には合わなかった…

 

 

〇書き出し
(名前)くんこんにちは!こんばんは!
公演中なら、何日目お疲れ様です、とか。
公演中の手紙ってまとめて読む人とこまめに読む人といるから一応出した順が分かるような書き出しにしてる。
手紙は写真にとって保存して読み返したりするので自分用も兼ねてる。

 

 

〇構成
書き出し
その日の公演の感想とか、作品そのものに対しての感想とか
次回(公演中なら翌日、千秋楽とかイベントとかなら次の仕事のこと)楽しみです!
長文に対する謝罪(ほぼ毎回入れるハメになる)
ここまで読んでもらった感謝
書いた日
記名
大体こんな感じ。
ちなみに封筒には出した日(現場で預ける場合限定)を書く。ややこしい。


〇内容
公演中はほぼ下書きしないで直書きする。
帰りの移動時間長いとそこで下書きまとめたりもする。
まちまち。
ロングスパンで公演続く時は帰りの移動時間で下書き書ける分まで、って決めて手紙書いてたりした。翌日普通に仕事あるので枚数かさみすぎると寝不足になるので…
下書きしたいな〜って思ったらするし、時間あるけど直に書きたいな〜って思ったら直に書く。
ただ、下書きした方が誤字脱字は少ない。これは間違いない。
何の話してるのかって意味での内容だと、基本的に推しの芝居を通しての自分の作品解釈とか、意図して変えてきたなってお芝居の考察…というか、ここはこういうストーリー展開で、推しの役はこういう心情だからこういう理由でこういうお芝居なのかな、と感じました。みたいなやつ。
推しの意図したように受け取れてるかどうかはあんま気にしたことなくて、本当に自分がどう感じたかばっかり書いてるから、いや、ブログでやれよ感がやばい。
公演中の芝居変化で最終的に落ち着いた形が解釈とか好みと違っててもこれが推しの見せたい、伝えたいことなんだな〜なるほど。って思ってる。
でも私の観劇スタイルというか、舞台に関わらず作品の見方がそういう解釈追っかけたり考察したりが好きな感じなのでこればかりはどうにも出来ない…
あとは日替わりの内容とか、アフトあればそこのお話とか。
通ってる間は書きたいこと一から十まで書いてる時間がないから公演のうちのどこか切り取って毎回違うシーンについて感想書いたりしてます。
めっちゃオタクっぽいですね…オタクなので…
冒頭でも書いたけど書いて出すところで終わるのでその後の事はあんまり考えたことないです。読んでくれてたら嬉しいな〜くらい。
さすがにつまらなかったと書くことは無いですが、おや?って思ったことはわりと素直に書いちゃうし、反面、ちょっと落ち着けよってくらい楽しいハッピー幸せ最高!ばかりが頻出する時もある笑
本当に観た感想をほぼそのまま手紙におこしてる感じ!
近況はあんまり意識して書こうと思っては書かないかな〜
ただ、見てる時の精神状況とかに影響があったりするとちらっと書いたりする。
例:仕事で嫌なことがあったけど推しのお芝居みたら疲れもストレスも吹っ飛びました!
的な。

 

 

〇枚数
鬼門
普通の公演終わりで5~6枚です。
まとめるのがほんっとに下手…
本当に好きなだけ感想書き出してそのまま次の日プレボに突っ込んでいる…
前別の人追ってた時は全然書けなかったんだけど今の推しにハマってからいやぁ筆が進む進む。たぶんお芝居の方向性が違うからってのもあるし、私が文章を書くことにハマってしまったのもある。
最少2枚~最大27枚(?)
27枚はまじで自分でも馬鹿だと思うんだけど、卒業のタイミングで頭から振り返ってたらこんなんなってしまったよね…さすがにもう2度と書かないと思いますんな枚数。小論文かよ。

厚みが鍋敷きでした。
重ねて申し上げますが、枚数が多いから少ないから偉い偉くないとか全く思ってないです!手紙なんて出してから読むか読まないかは受け手の好きなようにしてくれ〜の精神でやりたい放題です。フォロワーさんの言葉を借りれば、書くのも義務じゃないし、読むのも義務じゃない。
くせなのか、一つの物事について詳しく書きすぎるので枚数増えてしまう…前回と今回のはてぶろ読んでいただけた方はお察しかとは思います…
たまに推しに全然関係なくない?みたいな話したりもする。
過去1自分でも何言ってんだこいつって思ったのが「2次元作品の3次元化というオタクの抱える夢に対する、2.5次元舞台作品などの芝居によるアナログ手法でのアプローチと、VR(バーチャルリアリティ)によるデジタル的アプローチの違いと互換性、共存しうる将来について」書いた時かな。
論文タイトルっぽくしてみたらめっちゃそれっぽい。
ETLextの時のやつ。これあとで掘り下げてここに書きたい。
そんな感じで書きたいことつらつら書いてます。

 

2017/10/10 追記

なお、星屑バンプの感想は同じ便箋で40枚書きました。流石に自分でも気持ち悪いと思ってます。ガチ卒論レベル。

 

 

〇頻度
そんな感じなので推し浴びれる公演期間は毎回出さないと書きたいことで溺れるので基本毎日出します。
応援のお手紙出そう!って出すってよりは、うわー楽しー!楽しー!どこか、どこかに感想を発散しないと!そうだ手紙出そう!!
みたいな
なので逆に発散するものがなければ書かない。なぜなら書くことがないから…前に追っかけてた人はそんな感じなのであった。頭の中にずんって沈みこんでくる感じだった。
後は千秋楽終わった後、次の現場まで空くようならまったり千秋楽の感想とか、更新あればブログとかツイッターの様子に触れつつ事務所宛に郵送する。
現場で遊んでくれるお友達が増えてマチソワ間はオタトーーーークしてるのと、マチネゆっくり振り返る時間が欲しいのとで基本的にマチソワ間は書かないって決めてる。
マチソワする日でマチネ後に書いたの一回しかない気がする。

 

 

〇その他
枚数以外はそんなに変わったことしてないと思います…たぶん!
手紙はさすがにこんなに投げやりな文章じゃないけど適度に敬語と口語混ぜてます。テンションで書いてるのでめっちゃとか多用する。
あと、頑張れ、は絶対に使いません。
私が言われるの好きじゃないので…推しはどうなのかは分からないから自分基準です。推しの努力はステージ上から見えるだけでも充分頑張ってるよな〜好き〜!!!ってなるし、今まで他の人に出した手紙にも使ったことない気がする。
変に考え過ぎてて、めんどくさっ!って自分でも思うのでフラットな気持ちで書ける人はそれはそれでありだと思います。書いてる人批判するつもりはないです。
そういえば、誤用が多すぎて誤用の方が一般的になっちゃってる言葉ってみんなどうしてるんだろう。
毎回悩むのが締めに書く「ご自愛ください」
お身体ご自愛ください、は誤用、というか、意味の重複になる(頭痛が痛いみたいな)って知ってから、そういう使い方しないように気をつけてるけど、私も「お身体ご自愛ください」の方が耳馴染みがいいんだよなぁ
あと、俳優宛の手紙では多分使うことはないけど、役不足、役者不足とか?正しい意味で伝わるかなぁって不安になる時はあるなぁ
そこまで深く考えなくても大丈夫かな〜とは思うけども。

 

 

 

大体こんな感じでしょうか〜聞かれてもいないのに長々書きすぎました!
手紙頻繁に入れるようになって実感したんですけど、私の場合その日の公演をさらいながら、具体的にここが好き、ここがよかった、って書き出してくので思い出してまたテンション上がるんですよね。
人に推しプレゼンとかしてると、好きなとこ再認識して更にテンション上がる感じのやつ。
書けば書くほど好きになる…えっすごい永久機関はここにあった…(?)
これからも長くてごめんなさい!!!って思いながら書きたいことたくさん書いてお手紙出そうと思います。
ここまで読んでいただいてありがとうございました!
良き推し事を!