夢は劇場で見る

本田礼生さんのオタクの愉快なオタクライフブログ

愛は回数、金じゃないって

言う人いるじゃないですか。

正直そんなことはないと思います。
だって商売なんだもん。
好きだよ!応援してるよ!って伝える手段でこれ以上に有効なものあるの?って、心底思います。
でも今回はそことはちょっとズレたところのお話しです。

 

正直、金かけてるオタクの方が偉いと思いますよ。だってそれでお金になるから推しの仕事が増える訳ですし。

(ここで言うお金を落とすはチケット、円盤、グッズ等公式にお金が落ちるものを指します。公演入れるのに入らずにプレゼントだけ突っ込む行為はカウント外です。)

 

でも、じゃあお金掛けてないオタクが偉くないのか、虐げられても仕方ないのかって言ったらそんな訳ないじゃないですか。
だって公演期間どうしても都合がつかなくて現場に来れない人、学生だったらお金の問題もあります。

極論こんなの趣味なので、自分が楽しいと思える範囲でお金出せばいいんですよ。
無理して、給料ほとんどつぎ込んで、苦しい、辛いって思いながらやってる方が正直おかしいんだと思う。(一定数、お金を使う行為自体が趣味の人もいるよね。私もその卦がある。)
無理なく、楽しいと思える範囲で楽しんでる方を批判する気は毛頭ないし、なんなら人としてはそっちの方が正常だと思う。
何が言いたいかって、そういう「自分なりのペースで楽しむ人」にたいしてこういう評価がされるのは絶対違うよなってことで。
たまに、「全然金かけてない弱オタです!」みたいな自虐ネタする方いますけどなんかも〜切なくなっちゃって…
みんな自分が楽しいと思える範囲でオタクやってるはずなのにそんな発言をしてしまう、そういう自覚を持たせる環境が本当にしんどいなぁって。
そんなことわざわざ言わなくていいんだよ。
楽しいって気持ちの方をもっともっと大切にするべきだと思う。
そう言った発言をさせる原因はお金をかけていることでマウント取ってくるゴリラと、茶の間なのに声ばかりデカいお花畑なんだろうなぁって。
(ここで言う茶の間とは、俳優がファンの動員でお金をもらう職業だと理解できずに何かと理由を付けて現場に来ないくせにタグ()などばかり活発な人達を指します。)
たぶん「愛は回数、お金じゃありません」って発言、発言者が逆なんですよ。
茶の間がそんなこと言ったらそんなのガチ勢の地雷踏み抜くに決まってるじゃないですか。
言ってみれば、3年のインターハイ予選で負けて、めちゃくちゃ必死で頑張って練習してその分めちゃくちゃ悔しがってるメンバーにたいして、部活サボりまくった部員が「結果が全てじゃないよ!みんな頑張ったじゃん!」みたいなこと言ってるようなもんです。(ガチ勢の頑張りと青春の汗を同等に扱っていいものかどうかはちょっと置いといて。)そりゃキレられるわ。
逆に、何もしてないのにいきなりマウント取り出す東武動物公園のゴリラみたいなオタクもたまーにいるけど…
っていうかマウントって何なんだろうね?
何したらマウントなんだろう。
私はあんまりマウントとるゴリラに直接遭遇したことないし、ファンサの話とか聞くの好きだから、マウント取られてるって意識はあんまないんだけど、逆に「それだけでマウント取られたと思うの!?」みたいな感性の人もいるし…
自分から聞いといてマウント取られた!って騒ぐ子はちょっとやばい子なので以降は近寄りません。
っていうかマウント怖いんなら回数とかかけた額とかの話するのやめなよ〜!!!!不毛だから〜!!!!そういうことしそうな人に近寄るのもやめよ!!!!
現場入ってるオタクって必然通ってる人達で認識しはじめるから積極的にマウント取りに行くゴリラあんまりいないイメージあるんだけどそんなことないのかな。
半端なラインの古参とかのが厄介なイメージ。偏見ですけど。(慌てて追記しますが、一般論であって自担の現場の話じゃないです!!!)
冒頭でお金かけてるオタクが偉いって言いましたが、そんなものは推しに伝わってりゃ十分じゃないですか。同担にいう必要あります…?
現場に来れない人に回数自慢するのも、相手の推しへの気持ちを否定するのもやめましょうよ、品がないから…
現場に来れない人もあんまりピリピリせずに、楽しいって気持ち大切にしてオタ活しましょう…少なくとも
回数入ってないから弱オタです笑
みたいな自虐をわざわざする必要ないですよ…虚しくなりませんかそれ…
なんか偉そうなことばっかり書いてしまったんですけどこれもマウントになるんでしょうか…もちろんそんな気はないです。
書きたいことだけばーっと書いたのでまとまりないんですけど、みんな楽しくオタ活出来ればいいなって思ってます。

読み返してみて何が言いたいのか、自分はどの立ち位置で書いてるのか良くわかんなくなっちゃったのでそのうち下げると思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。
良き推し事を。