夢は劇場で見る

君が1番輝いてるよ〜!!!かっこいい〜!!!!!

公録イベント東京も行ってきました

大江戸線ってなんであんな地下深いんですかぁ〜!!!

 

さてさて昨日に引き続き今日も公録イベント参加してきました!

相変わらずゆる〜く楽しかったです☺️

笑い疲れってあるんだなって…

 

3部最後のお仕事の告知で意識遠のきましたが(気になる方はツイッターでレポ検索してみて下さい)、お仕事あるのはとても良いことだし、楽しみにしたいと思います。チケットが来い!!!!

 

圧倒的にウクレレが上達していたり、珍しく2人でテニミュの話してたり。

あっちの方でやってる舞台多分ハシゴする人いるんだろうな笑

 

湖畔でオールナイト以心伝心(ウクレレライブもあるよ)楽しみにしてます。

 

とまぁ色々ありましたが。

 

東京は結構真面目なお話沢山聞けましたね〜!

本人が割と欲しがり(?)というか、ネタを客席に求めるような印象があって、オタクもかなりハイセンスな回答入れたりしてる印象ある本田さんの現場。

生放送とか大喜利大会みたいになってたよね笑

どうですかー?って投げられてもシーンってすることほぼ無いし、際どいぶっこみとかもあんまりないし、オタクの対応力高いいい現場だな〜っていっつも思ってるんですけど。

本田さんもそういう誘導というか、会場の空気作るの上手いから、客席とステージ上でそこの意思疎通がすごく上手くいってる印象。本田さんも客席もスペック高いと思う。

 

今回は難しいお題多くて客席沈黙してしまったタイミングもあって、本田さんに「えっ起きてます?」って怒られてたけど(怖い)平常運転でそういう現場も行ったことあるので、改めて恵まれた現場だな〜楽しい〜!!!ってなりました笑

(いや、座右の銘とか、印象当てゲーム(あるお題について、客席にこう思われてそう、って印象を書いてそれがあってるかどうかで勝敗が決まる的なゲーム)のお題とか、割と発言しにくくない!?推しを目の前にしてる時のIQの低いオタクには難しい…)

 

とはいえ、やっぱり本人好きじゃなきゃオタクやってないわけで、私に関していえば、このブログの最初にあげた記事同様、「仕事」に対する真摯な姿勢とか、自分では持ちえない考え方とか、そういう所をすっごく尊敬してて。

割とそういうファン多いんじゃないかなぁ。

まぁ私の意見がファン代表みたくなるのも違うのであまり他の人についてはあれですけど、身内は割とそういう人多くて、東京2部3部は本当にいい話沢山聞けたなぁとしみじみしてました。

 

詳細は半分記憶吹っ飛んでるのもあるのでかけませんが多分レポ回ってるので私も後で回りたいと思います。

ご本人の仕事や人生についての考え方とかって、まぁSNSやブログやちょっとしたトークの端々に滲んでくる事なので何となく雰囲気は分かったつもりになってますが、やっぱり本人からしっかり言葉にしてもらう機会って嬉しいじゃないですか。

 

だから私はソロでのトークイベントやって欲しいなってずっと思ってるんですよね。

接触とか、プレゼント抽選とか、そういうの全部要らないので…

ブログとかSNSとかだとどうしても残ってしまうから言えないこともあると思いますし、文字にするうちに、んー!ってなっちゃって書かないこととかもあるのかなって思いますし。

直近の舞台について振り返りとか。

ここの役作りは、とか。

演じてみてどんな感想持ったのか、とか。

同じ役、同じシーンでも、普通の社会人やってる観客と、役者やってる本人とでは絶対持ってる感情も印象も違うんですよね。

そういうのを聞きたい。

手紙の記事でも書きましたが、私はお芝居について考察みたいなことするのが大好きなオタクなのですが、同時に他の人の解釈を聞くのも大好きなんですよ。

自分と違うこと思ってる人のはより興味深い。

それで、環境も価値観も私とは違う本田さん本人からそういう話聞けたら絶対面白いなって。

例えばお芝居について、もし私が思ってたことと本人が思ってたことが違くてもそれはそれでいいんだと思うんですよね。

あなたのお芝居から私はこういう印象を受けましたよ、と、役者本人がどう見せたかったのかは必ずしも一致する必要ってないし、そこ気にするのはナンセンスな気がしてて。

演劇ってそういうものじゃないかな〜って。

あくまで私の考え方ですよ!?

例えば、2.5でキャラクター解釈が違ってても、それが役者本人が真剣に役に向き合って出した結論ならそれは全然ありなんです。

少なくとも本田さんは「役に真剣に向き合う」ってことについて、全力で真摯だと感じでいるので、だからこそ安心して、「今回はどんなお芝居を見せてくれるんだろう」って思えるんですよね。

それを踏まえた上で、こういう風に見せたいのかな、こんな気持ちを表現してるのかなって感じたことを手紙で伝えてる感じ。

割とこじらせすぎて明らかに本人が伝えたいことと違う印象持ったこともありますが、自分の印象は自分の印象として大切にしたいなとは思ってます。

そいで、自分の印象は自分の印象として、じゃあ本人はそのシーンについてどう思ったのか、どうしてそういう役作りをしたのか、そういう話がめちゃくちゃ聞きたい。頼む。

東京2部3部は、お芝居そのもののお話ではなかったにしろ、本田さんの考え方とか、そういう所に触れる話題が多かったので嬉しかったし、実際は聞いてみて、やっぱりすっげえなこの人…って思いました。

 

成績の話とか…笑

通知表に2がついてるならまだマシって正直若干引きましたが(ごめん)、確か彼の中学高校生活はダンス漬けだったとどっかで言ってた気がする。

私は中学まではめちゃくちゃ優等生やってて、教師に媚び売りまくって内申もらって授業態度と提出物で成績とってた部類の人間なので、その調子で高校まで推薦で行ってます。

体育とかも50m走るのに11秒とかかかるくらい鈍臭いけど4以下取ったことなかった。

まーつまんねー人生ですよね。

高校も就職見据えて進学してますし。手に職!って感じの所行ってます。

とにかく保険掛けまくってめちゃくちゃ安全ではずれのないルートを走ってる人生です。まぁ今は自分なりに推し事全力疾走してるんでこれはこれで楽しいです。

 

そんななんちゃって優等生()やってた身からすると、2以下ってどうやったら取れるのか分かんないんですけど、多分本当に勉強に興味無かったんだろうなって。

もっと正確にいえば、ダンス以外に興味なかったのかなと。

そんでそこまで勉強に興味なくなるレベルでダンスに没頭するって一般人の感覚からしたら信じられないですよね。

多分、熱量の振り分け方が一般人のそれじゃない。

 

そして、そういう考え方って身につけようと思って身につくものじゃない。少なくとも私の人生には有り得なかった考え方。

 

すごく劇的な生き方だと思う。

 

それの善し悪しはどうでもいいけど、少なくとも、私はめちゃくちゃ憧れる。私が出来なかったことを出来る人は心底かっこいいと思う。

多分そういう生き方は持って生まれた素質で、そういう熱量のかけ方が出来る人だからこそ客席を魅了するお芝居が出来るんだろうな〜って。

いやぁ本当かっこいい。

とはいえ、ここまで書いたことはこじらせオタクの妄想ですので、あんまり真に受けないでくださいね。

単純にサボりまくってただけとかかも知れませんし(それはいやだなぁ…笑)

オタクの美化激しすぎかよって鼻で笑ってください。

 

なんだか何書いてんだかよく分かんなくなってきちゃった!まぁいっか!

 

でも本当本人から聞きたい話って沢山あるんですよ〜!真面目な話しても別に笑わないから茶化さないで〜!沢山聞かせて〜!

まぁいつもの以心伝心とはちょっと違うからそわそわするのは分かるけども笑

 

いつか、本人からこんな話聞けたらいいなぁ、なんて思いつつ、この辺で終わりたいと思います。

 

改めて公録イベント神戸東京お疲れ様でした!

休む間もなくまだお仕事詰まってそうだしまた痩せてて心配だけどオタク出来ること少ないから無理しないで…!って気持ちだけ投げとくね…!

次のお仕事も、次の次のお仕事も、そのまた次のお仕事も、以降のお仕事も、出せてないお仕事も、全部楽しみにしてます。

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

皆さまも良き推し事を。