夢は劇場で見る

愉快なオタクブログにしたい

生執事感想。

どうも仕事がやばすぎて燃えてるので三連休やることがなくなりました、ねもとです!

今気になる舞台沢山あったので三連休は現場ぶっ詰めましたいえーい!!!!
ポツポツ感想でも残しとこうと思います!
まとめて記事にしようと思ったけど一発目から長くなったから単体で上げときます。

18/1/6 マチネ
ミュージカル黒執事
Tango on the campania

2018年観劇初め〜!!!

リコリス初演から何だかんだ毎回1回は見てる。リコリス再演はあまりに最高すぎて徹夜で譲渡探して二回見た。
サーカス編もすんげぇ〜良かったんだけど個人的に黒執事はTDCでは無いなって感覚が妙に強かったなぁ…
今回ACTだったから最高オブ最高。愛してるよACT。

今回も最高だった〜!!!!!!

ゴシックとかファンタジーとか突き抜けた世界観まじまじ最高すぎる。

まず衣装がさぁ〜!最高。
枢先生の絵もすごく好きなんですけどそれをそのまま再現してるじゃないですか…
今回クリーンヒットしたのはシエルのブーツです。なにあれ…お耽美すぎる…
艶のある素材で華奢なふくらはぎを覆って、踵には丸みのあるヒール、大ぶりのリボンでレースアップとか…だめだよ…性癖クリーンヒットだよ…あの年代の少年はなんだろうね…第二次性徴期を迎える前の儚さというか…あっやばいなこれ通報されるヤツや…いやでも黒執事そのものの魅力の一つじゃないですか…シエルの年齢設定…あれが17歳とかじゃだめなんだ…11歳だから最高なんだ…
リコリスは初演と再演みたんで那由多君の変声期とそれに合わせたメインテーマアレンジはあの年代の少年の成長の早さとか再演でのアレンジとか諸々含めて初演→再演まとめてある種の美学があった…たしかサーカス編の時はドールの子が変声期来ちゃって公演前にキャス変したよねぇ…それに関して私はいいとも悪いとも思わないんだけど、そのギリギリの年齢の子をキャスティングしてくるところがめちゃくちゃエモいなって思う。黒執事はその辺含めて魅力的だなって思います。

そこに合わせて今回リジーの子が〜!!!岡崎百々子ちゃん!!!プロフィール見たら14歳〜!!!!リジーソロあまりにも可愛くない?女の子は砂糖菓子とレースのふわふわで出来ている…かわいい…蓮生くんとリアル1歳差…あの時期の男女の体格差とか、本編中のお話とそのままリンクしてて…あああ…エモい…リジー覚醒シーン、原作でも死ぬほど好きなんですけどもーーーーーぶわーーーーって鳥肌たちました!!!!最高すぎる!!!!!戦う美少女!!!イズ!!!!最高!!!!!溌剌として活発で可愛くてかっこいいリジーそのものでした…最高…

衣装の話に戻るとセバスチャンのさぁ〜燕尾服脱いだあとがさぁ〜毎回最高すぎるんですよぉ…腰…あの背中のぐわっと開いたベスト最高すぎて…アレンジ衣装とかじゃなくてあくまでスタンダードの仕立てであの造りだからこそゴシック萌えの性癖をクリーンヒットするよね…

私古川さんのセバスチャンのビジュアルが、まじで、理想の、セバスチャンなんですよ。
リコリス再演の時に衝撃を受けた。2.5においての再現率、年々上がってるけど衣装メイクでの仕立てで良くなるものと、キャスト本人のビジュアルが完璧に出来上がってる場合とあるじゃないですか…古川さんは完全に後者。いやもちろん衣装メイクも素晴らしいんですけど…
彫刻かよってくらい整った顔の造形、何頭身だよってくらい顔が小さくて、意味がわからないくらい足が長い。フォロワーさんの古川さんのファンの方いわく5mから300mまで伸縮自在らしいです。まじかよ。
殺陣で回し蹴りがもうそれだけで芸術学的黄金比を感じるくらい絵面が完璧だし、回し蹴りする度に(脚がなげえ!!!!!!!!)って脳内で叫んでました。最高すぎる。
アカシックレコードの終盤の表情変化がまじで魅惑的すぎるし、あの表情はあの顔の造形ありきで、あーこの芝居はこの人にしか出来ないわ…って満足感が喉元あたりにじわって広がりました…

あと歌がめちゃくちゃ好きなんですよ〜リコリス再演の時に歌が好きすぎて、公演終わった後にあった古川さんのソロライブに行ってしまいました。1曲も分かんなかったけど死ぬほど最高だった。MCは鼻うがいの話しかしてなかったけど。アルバムも前年のライブDVDも買った。

古川さんが高音歌う時の表情が死ぬほど好きなんですけど今回ファルセットというかありえん高音が多かったのでまじで本当に最高。声が好きなんだろうなぁ。2幕の2人は半人前みたいな曲(言い方)とセバスチャンソロがありえん好き。私古川さんは黒執事とライブでしか見てないんであれなんですけどリコリス再演の時より確実に歌上手くなってますよね…他の作品も行きたいなぁ…
蓮生くんもめちゃくちゃ歌上手くなってません!?びっくりした。お芝居も。蓮生くんの挨拶めちゃくちゃしっかりしてて今時の若いもんは本当にしっかりしておる…どれおばちゃんがお年玉あげようって気持ちになった(叔母の人格)

原作ストーリーはうろだったので一幕みながら確かにこんなストーリーだったなって思いながら頭の中でアリスが突撃準備してた(バイオハザード)パニックホラーみが強い。

みんな大好きドルイットが控えめだな!?って思ったら2幕で襲い来るドルイットオンステージ。最高すぎる。あの曲始まった瞬間の会場の「待ってました!」って空気めちゃくちゃ笑った。私も同じ気持ち。あのダンス踊ってるところのセバスチャンも死ぬほど好き。

子爵含めて2幕の引き込み方凄いですよね。
めちゃくちゃ面白かった。構成にストレスがないのも黒執事のいいところ…

曲もめちゃくちゃいいんだ…メインテーマの転調ありえんテンションあがった…和田さんって最近どこでも見かけるけど和田さんって何人グループなのってくらい仕事されてますよね…舞台観劇ハマったきっかけの作品も音楽和田さんだったし、曲いいな〜って思うと大体和田さんだから和田さん大好き。(和田さんのゲシュタルト崩壊)

曲そのもので言うとグレルソロが1番好き〜!ロック風…?

っていうか死神2人がめちゃくちゃ楽しそうだよね。超生き生きしてるし、グレルの登場ならセバスチャンへのセクハラの流れはもはや一種の様式美。「死神DEATH☆」くると、よっ!待ってました!の気持ちになる。シリーズものでキャス変無しでやられてきたからこその感覚な気がするからグレルが植原さんでよかったーー!!!!!本当に楽しそうだ。

あと味方さんも〜!!!チャラい!!!!チャラいがめちゃくちゃハマり役!!!!ナンパが板についてる(褒めてる)
言い方悪いんですけど味方さんって何役やっても味方さん、って感じでお芝居が「強い」役者さんだなぁって印象。変わり映えしないってことではなく、役を落とし込んで自分のものにするのがめちゃくちゃ上手いイメージ。何見ても味方さんって分かるのにバリエーションが豊富。すごい。あとメガネがめちゃくちゃ似合う。

植原さんと味方さんのやりとりめちゃくちゃ軽快で見てて気持ちよかったな〜!
カテコが味方さん→植原さんの順番だったんですけどそこの入れ替わりがめちゃくちゃドツボでうっかり味方さんに恋してしまうところでした。

いや〜本当頭から終わりまで、端から端まで見どころしかなくて、ここに書いてないキャストさんのお芝居もめちゃくちゃ良かったしアンサンブルも最高だし本当にいい観劇はじめだった!

ブルーレイ買います(会場予約忘れた)
最近買い控えてたパンフとブロマイドも買いました…パンフは前の席の方が開いてたビジュアルブックの古川さんが最高すぎてえっ買うわって言った。買った。装丁が凝ってた。最高。

それではまた夜は別舞台なのでこのあたりで〜!

皆様もよい推し事を〜!多分夜にまた更新するけど!